ガントリークレーン市場、2030年末までに35億米ドル到達見込み

COVID-19の期間中、代金回収と与信管理の強化で経済を回す

コロナウイルスの発生により、世界の需要状況が弱まり、需要環境が不透明になったことで、受注にも悪影響が出ています。ガントリークレーン市場の企業は、COVID-19発生時に生産性を維持し、重要なミッションプロジェクトの事業継続性を維持するために奔走しています。クレーン業者は、医療品や食料品などの必須物資分野のステークホルダーに焦点を当てています。

新型コロナウイルスの蔓延を防ぐための生産施設での物理的な制限が、ガントリークレーン市場の収益成長に影響を与えています。造船所や航空宇宙・自動車関連企業の顧客からの大口注文がキャンセルまたは延期されているため、企業は収益認識が低くなっています。そのため、クレーンメーカーは、COVID-19時代の経済を維持するために、代金回収や与信管理の強化に注力しています。

ガントリークレーンのサイズや吊り上げ能力の限界が市場成長に影響

ガントリークレーン市場の企業は、自動車、航空宇宙、港湾・海運などの主要な収入源となる分野で、クレーンソリューションを手頃な価格で提供することを増やしています。そのため、市場は予測期間中に6%の健全なCAGRを記録すると予想されています。しかし、ガントリークレーンは、そのサイズや吊り上げ能力に限界があり、ガントリークレーン市場の成長に影響を与える可能性があります。したがって、クレーン業者は顧客に安全性の評価について教育し、購入の意思決定に入る前に標準以上のスパンの長さを持つように助言しています。

ターンキー方式の自立式ポータブルオーバーヘッドクレーンで、熟練者の必要性を排除

インドをはじめとする新興国ではインフラ整備が進んでおり、ガントリークレーン市場では安定した収益源となっています。この市場は、2030年末までに35億米ドルに達すると推定されています。このように、評価期間中、自動クレーンの収益は急激な成長が予測されます。

ガントリークレーン市場を席巻しているのは、自力で設置できるポータブルオーバーヘッドクレーンです。例えば、革新的な特殊マテリアルハンドリング機器のメーカーであるAir Technical Industries社は、押しボタンで動作し、熟練者を必要としない革新的なダブルガーダーまたはシングルガーダーのガントリークレーンで評価を得ています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]