燃料電池用バイポーラプレート市場、2030年までに44億米ドル規模到達見込み

COVID-19による旅行や公共交通機関の制限で、水素技術が注目される

COVID-19パンデミックの影響で、国連では持続可能な開発目標に向けて長期的な政策調整が行われています。炭素排出量の多い化石燃料に支配されている現在のエネルギーシステムを見直し、再構築する機会にステークホルダーが殺到しているため、燃料電池用バイポーラプレート市場の企業にとっては有利に働いています。

コロナウイルスの発生により、工場、ビジネス、旅行、貿易が停止し、世界中の二酸化炭素排出量が自然に減少したことが消費者に知られるようになり、消費者は電気自動車(EV)に搭載されている水素技術に関心を持つようになっています。燃料電池用バイポーラプレート市場のメーカーは、この機会を利用して、電気自動車の水素技術に対するマーケティング力を高めています。

金属ベースのバイポーラプレートの持続性、耐久性の問題が市場成長を阻害

燃料電池用バイポーラプレート市場は、予測期間中に57.5%の爆発的なCAGRで成長すると予測されています。プロトン交換膜型燃料電池(PEMFC)は、燃料スタックの電気化学プロセスにおける有毒ガスの低減のために注目されています。しかし、金属材料を使用したバイポーラプレートとその持続性・耐久性に関する課題が技術的な問題となっています。そのため、燃料電池用バイポーラプレート市場の企業は、ステンレススチール、銅、ニッケルなどの素材を試し、バイポーラプレートの素材選択に持続可能性を導入しています。

材料の厚さを極めて薄くする高精度な加工技術により、燃料スタックの軽量化が実現しています。

PEM燃料電池で活躍する超軽量・コンパクトなバイポーラプレート

燃料電池用バイポーラプレートの市場規模は、2030年までに44億米ドルに達すると予測されています。各メーカーは研究開発を強化し、PEM燃料電池用の超軽量・小型の炭素系バイポーラプレートを開発しています。例えば、燃料電池用の炭化水素系部品を開発しているHYCCO社は、耐久性に優れ、システムのコンパクト性を損なわない高導電性のバイポーラプレートを製造していることで評価を得ています。

燃料電池用バイポーラプレート市場の企業は、車両システムにシームレスに統合される長寿命のコンポーネントを製造するために、自社の化学的手法を採用しています。これらの企業は、低温および高温のPEM燃料電池に適したバイポーラプレートの供給を増やしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]