エンジニアリング情報管理(EIM)ソリューション市場、2030年に230億米ドル規模到達見込み

市場の概要

エンジニアリング情報管理(EIM)ソリューション市場は2020年~2030年の予測期間にCAGR10%で拡大し、2030年には230億米ドルの規模に達すると予測されています。技術の進歩、高速ソリューション、産業界における情報の独立した管理が、エンジニアリング情報管理ソリューション市場を促進すると考えられます。さらに、生産性を向上させるために、企業全体の効率的なオペレーションを目的としたEIMソリューションの導入が進んでいることも、市場の成長を後押しすると考えられます。その結果、EIMソリューションのプロバイダーは、同市場に多くの機会を提供するために、人工知能などの先進技術を統合することで、ソリューションの範囲やプロトコルを拡大しています。

予測期間中、北米がエンジニアリング情報管理ソリューション市場のトップに浮上し、欧州とアジア太平洋地域がそれに続くと予想されています。

市場の成長要因:エンジニアリング文書管理に対する需要の高まり

組織内で作成されるファイルの大きさ、量、複雑さは、ドキュメントの検索・発見に関わる課題につながります。エンジニアリングドキュメント管理は、組織や企業がプロジェクトファイルやドキュメントを効率的に管理するのに役立ちます。また、エンジニアリング文書管理は、EIMソリューションの重要なアプリケーションであり、組織内のリスクを軽減し、文書の一貫性と正確性を向上させます。また、主要なビジネスシステム間で交換される情報を一元化し、情報を管理することで、組織内のプロジェクトの迅速な試運転を可能にします。このことが、エンジニアリング情報管理ソリューション市場の成長を後押しすると考えられます。また、エンジニアリング文書管理では、共有するデータの価格と有効性の両方を重視します。そのため、EIMソリューションは、エンジニアリング文書管理を大幅に簡素化することで、組織の作業をより速く、より効率的に行うことをサポートします。EIMソリューションは、組織内のワークフロープロセスを自動化する機会を提供し、その結果、EIMソリューション市場の成長を加速させます。

さらに、どこからでもドキュメントを追跡できる迅速な方法を手に入れ、ドキュメントのセキュリティを管理し、企業のビジネスシステムを統合することで、組織の生産性を向上させるエンジニアリングドキュメント管理の需要が高まっており、エンジニアリング情報管理ソリューション市場を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]