心エコー検査市場、2030年までに売上高22億米ドル到達見込み

撮影時間を制限することで心臓病患者のCOVID-19への曝露を防ぐことができる

COVID-19のパンデミックは、心エコー検査室や心エコーサービスプロバイダーに多方面からの負担を強いることになりました。医療従事者やそのコミュニティは、病院や診療所でのケアの提供方法を徹底的に吟味することが求められています。心エコー検査市場の企業は、SARSのようなパンデミックが世界の医療業界を苦しめた過去の教訓を意識した取り組みを行っています。

心臓疾患を持つ患者は、新型コロナウイルスに感染する危険性が高いと言われています。そのため、心エコー検査市場の関係者は、患者の治療や診断に支障をきたさないように、心エコー機器の安定供給を維持するための努力を重ねています。ステークホルダーや医療団体は、イメージャーの露光時間を制限し、ポイントオブケア(POC)機器の使用を増やすよう臨床医を教育しています。

自動エコー解析・解釈システムの可能性を探るMLリサーチ

心エコー検査市場は、2030年までに22億米ドルの売上を達成すると予測されています。信号処理や機械学習(ML)技術を用いて医療用超音波データを解析するアルゴリズムは数多く提案されています。しかし、臨床現場でのポイントオブケア検査での効率的な使用に適した堅牢なシステムの開発が求められています。そのため、心エコー検査市場の医療技術企業は、エコーの自動解析の分野で進歩するために研究開発活動を強化しています。

心エコー検査の自動解析・読影システムの開発には、機械学習アルゴリズムが利用されていることがわかっています。

Point-of-care Ultrasoundが自動ラベル付けとガイド機能で心臓スキャンを高速化

ここ数年、心エコー検査市場の心臓超音波ベンダーは、心臓画像の流れを加速するためにいくつかの新製品を発表してきました。人工知能(AI)は心エコーの分野で急速に普及しており、機器やシステムの機能を自動化するのに役立っています。EchoNous社(ソフトウェア開発会社)は、AIと携帯型超音波診断を統合することでPOCUS(Point-of-Care Ultrasound)を実現し、医師の迅速な行動を可能にするKosmosシステムで評価を得ています。

心エコー検査市場の企業は、ソフトウェア企業と提携して、数秒で駆出率を計算できるAIアプリを開発しています。これらのアプリは、ラベリング、ガイディング、グレーディングを自動的に行い、医師の心臓スキャンをサポートすることで、医療診断を加速させています。

パルスドップラーの進化により、高解像度の心臓画像が得られるようになった

心エコー検査市場では、携帯型超音波診断装置の普及が進んでいます。心エコー検査は、診断用核医学の分野において、競争上の大きな脅威となっています。一方で、パルスドップラーの進歩により、食道に挿入できる信頼性の高いプローブが開発され、心臓画像の解像度が向上しています。心エコー検査市場の企業は、心筋の内側のエッジと血液プールの間の境界を検出・監視するのに役立つ音響定量化技術の研究開発を強化しています。

ヘルスケア企業は、心臓壁の異なる領域に供給される血液量を決定できる心エコー検査の結果の精度を高めるために、さらなる努力をしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]