消毒剤市場、2030年に149億米ドル規模到達見込み

新型コロナウイルスに有効なアルコール系手指消毒剤

コロナウイルスの大流行により、消毒剤や界面活性剤の需要がかつてないほど高まったことが、消毒剤市場のメーカーにとってのビジネスチャンスにつながりました。メーカーは、病院や商業施設、家庭でのユーザーの需要に応えるため、猛烈なスピードで消毒剤を生産しています。世界保健機関(WHO)が消毒剤の使用を推奨して以来、小売店では製品の売上が急上昇しています。

COVID-19の感染拡大を抑えるには、消毒薬が有効であることがわかっています。ドイツのルール大学ボーフム校(RUB)の研究者によると、消毒剤の主成分であるイソプロパノールやアルコール・エタノールは、ウイルスを十分に不活性化することがわかっています。消毒剤市場の企業は、新型コロナウイルスに効果的なアルコールベースの手指消毒剤の生産能力を高めています。

消毒用トンネルでの次亜塩素酸ナトリウムスプレーの副作用が売上に影響

COVID-19のパンデミックにより、消毒剤の使用が増加しています。しかし、より強い濃度の次亜塩素酸塩にさらされると、特に消毒用トンネルを使用した場合には、複数の臓器に深刻なダメージを与える可能性があります。チャンディガルのPGIMER(Postgraduate Institute of Medical Education and Research)の研究によると、COVID-19の蔓延を防ぐために次亜塩素酸ナトリウムを散布する消毒剤トンネルを使用した場合の副作用が明らかになりました。そのため、消毒剤市場のメーカーは、現在進行中のパンデミックの間も経済を回すために、医療施設での重要なアプリケーションに焦点を当てています。

環境にやさしい消毒剤の認知度がビジネスチャンスを生む

病院グレードの環境に優しい消毒剤が市場で人気を集めています。COVID-19の大流行を受けて、環境に優しい消毒剤の新規開発が新たな道を開くと予想されています。消毒剤市場のメーカーは、適用された表面に影響を与えることなく、生物の標的殺傷を確立する環境に優しいソリューションの生産能力を高めています。

環境にやさしい消毒剤は、アルコール、アルデヒド、アンモニウム化合物から作られた液体の販売に対する潜在的な脅威として浮上しています。したがって、消毒剤市場のメーカーは、研究開発を強化し、環境にやさしい消毒剤の製品ポートフォリオを拡大することで、新たな機会を生かす必要性を認識しています。消費者の間でも、化学的な消毒剤が環境に与える影響について認識が高まっています。消毒剤市場のメーカーは、予測期間中に最も高い収益を上げる可能性のあるエンドユーザーとして、医療機関を念頭に置いた事業拡大の機会に注目しています。

電気化学的に活性化された溶液による消毒は、産業用洗浄アプリケーションに大きな変化をもたらす

消毒剤市場は、予測期間中に7%の良好なCAGRで成長し、2030年には149億米ドルに達すると予測されています。最先端の工業用消毒技術は、メーカーにとって収益機会となっています。メーカーは、コロナウイルスの流行を受けて、電気化学的活性化溶液消毒(ECAS)などの工業規模の消毒技術の需要を満たすために努力を重ねています。また、食品や工業用洗浄剤として使用できる、無害で効果的な製品の開発も進められています。公共の場や病院での効果的かつ持続的な消毒作業は、メーカーにとって安定した長期的な収益源となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]