臨床試験市場、2030年末に835億米ドル規模超過見込み

COVID-19ワクチンの臨床試験の成功が市場の成長を後押し

コロナウイルスの大流行により、研究機関や医療機関はCOVID-19ワクチンの臨床試験を加速させることが求められています。このような臨床試験の成功により、インドはブラジル、バングラデシュ、アルジェリア、南アフリカに数回分の無料投与を行ったことが世界的に評価されました。スリランカなどの国々もこれに続き、臨床試験市場のステークホルダーに新たな機会をもたらしています。

米国食品医薬品局(FDA)は、経済を正常に戻すために、コロナウイルス治療加速プログラム(CTAP)についての認識を高めています。臨床試験市場の企業は、このプログラムを利用して、新しい治療法を患者にできるだけ早く提供することを目指しています。

患者と適切な治験のマッチングには治験募集企業が不可欠

臨床試験市場は、2030年末には835億米ドルを超えると推定されています。しかし、適切な患者を見つけることは、臨床試験を実施する上で最も重要なパズルのピースの1つです。そのため、関係者は、臨床試験のリクルート会社の専門家と協力して、患者と適切な臨床試験とのマッチングを行っています。

採用の遅れは、臨床試験市場の企業が直面するもう一つの課題です。そのため、企業は既存の患者データを精査することで、長期的に見て潜在的な募集課題を予測することを意識するようになっています。臨床試験の革新は、ボランティアの参加を促進すると予想されます。

FDAのガイドラインにより、自宅やクリニックでの臨床試験のための技術革新が進む

臨床試験市場の企業は、FDAのガイドラインに従ってプロセスを進めています。患者の衰弱や生命を脅かす血液疾患(Severely Debilitating or Life-Threatening Hematologic Disorders: SDLTHDs)に関するFDAのガイダンスを参考にしています。企業は、臨床試験の科学的・技術的な複雑さのギャップを埋める努力をしています。そのため、企業はアカデミアの改善に投資し、ボランティアの協力に報いる新しいインセンティブを開発しています。

臨床試験市場の企業は、患者の自宅やかかりつけの医師のクリニックでの処置を可能にするネットワークの開発にさらに力を入れています。これにより、センサーデバイスの革新、患者のPCによる結果報告、携帯電話による病変部のフラッシュ写真などがプロセスに貢献しています。

コロナウイルスのパンデミックにより、スポンサーと患者はバーチャル臨床試験の採用を余儀なくされる

プロトコールの遵守は、臨床試験市場のステークホルダーにとって重要なトレンドの一つです。治験責任医師が監督する臨床試験が市場で注目されています。コロナウイルスの陽性例が続いていることで、臨床試験市場における関係者の関連性と役割が高まっています。こうした変化により、臨床試験のバーチャル化が進んでいます。

臨床試験市場のステークホルダーは、進行中のパンデミックの中でビジネスチャンスを活かすために、バーチャルな臨床試験の専門家とチームを組んでいます。規制当局も、遠隔医療やバーチャル・トライアル・ツールを介してスポンサーや患者を支援し、現在の運営上の問題に対する実行可能なソリューションを構築するためのガイドラインを発表しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]