カメラバッグ市場、2030年末までに33億米ドル超過見込み

COVID-19の流行で、小売店は販売戦略の見直しに注力

COVID-19の流行期間中、カメラバッグやギアなどの非必需消費財の販売は大きく落ち込んでいます。2021年の第1四半期は、ハイエンドの旅行用品やカメラ用品の販売に明るい兆しが見えると予測されています。コロナウイルスに対する人々の考え方の変化や安全対策の遵守が、カメラバッグ市場の成長を補充しています。また、E コマースビジネスの成長も、パンデミックが続く中で経済を活性化させる重要な原動力となっています。サンフランシスコを拠点とするデザイン会社Peak Designは、製品の普及を促進するために、割引やキャンペーンなどのマーケティング戦略を見直しています。このことが、予測期間中のカメラバッグ市場を牽引すると考えられます。

「カメラバッグ」と「カメラバックパック」-どちらがいいのか?

カメラバッグ市場は、2030年末までに33億米ドルの収益を超えると予測されています。しかし、カメラバッグの長所と短所は、カメラバックパックと重なります。カメラバッグは、カメラ機材を驚くほど整理し、簡単にアクセスできるようにします。しかし、大きくて不格好な機材は、カメラバッグに収めるのが難しいことがわかっています。そのため、カメラバックパックの人気が高まっており、メーカーや小売店にとっては新たなビジネスチャンスとなっています。最近では、写真家はプロジェクトの必要に応じてカメラバッグとカメラバックパックの両方を所有しています。

カメラバッグに追加の機材を組み込むことで、製品の普及が促進される

ホールドファストギアの「Roadographer」カメラバッグや「Sightseer」バックパックなどの革新的なカメラバッグは、ビデオグラファーの間で人気を集めています。カメラバッグ市場のメーカーは、布製の独立したコンパートメントを導入することで、バッグの乱暴な取り扱いによるカメラ機材の損傷を防いでいます。また、カメラバッグの外側に三脚を搭載するなど、デザイン面での工夫もされています。また、頻繁にバッグをクリーニングする必要のないレザーなどの素材も試みられています。

盗難防止とGPS追跡機能を備えたスマートカメラバックパックの登場

スマートバックパックのトレンドは、カメラバッグ市場を席巻しています。スマートで革新的なバックパックを提供するLumzag社は、リモート盗難防止アラーム、ワイヤレス充電器、インサイドライトなどの魅力的な機能を導入し、製品の売上を伸ばしています。カメラバッグ市場では、メーカーが研究開発や設計能力を高め、リアルタイムでGPS(全地球測位システム)追跡機能をバッグに搭載して、スマートバックパックの正確な位置を個人に知らせようとしているため、競争が激しくなっています。オープンアラート技術は、バッグの所有者以外がバッグを開くことを防ぐ技術です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]