ビルディングエネルギーシミュレーションソフトウェア市場、2030年末までに171億米ドル規模到達見込み

シミュレーションソフトウェアによる長期的なコスト削減がCOVID-19発生時のビジネスチャンスを生む

COVID-19の発生は、ビルディングエネルギーシミュレーションソフトウェア市場の成長に影響を与えています。これは、住宅、商業、工業の各分野の個人が、パンデミックの間は予算が限られており、必要不可欠な投資のみを選択しているためです。そのため、この市場の企業は、多国籍企業やソフトウェアソリューションへの先行投資が可能な消費者をターゲットにしています。ソフトウェア企業は、住宅、商業、産業の各分野で個人向けに長期的なコスト削減を実現するソフトウェアソリューションのマーケティング能力を高めています。これがビルディングエネルギーシミュレーションソフトウェア市場を牽引すると予想されます。

環境に適応した居住者の行動モデルが、エネルギーシミュレーションソフトウェアで顕著に成長

研究者、ソフトウェア開発者、政策立案者は、低エネルギービルの設計・運用におけるビル性能シミュレーションの価値を最大限に高めるために重要な役割を担っています。しかし、ビルディングエネルギーシミュレーションソフトウェア市場のソフトウェア開発者は、人間と建物の相互作用をモデル化するという課題に取り組む必要があります。これを達成するために、開発者は環境に適応した居住者の行動モデルをシミュレーションソフトウェアに導入しています。また、市場での信頼性を高めるために、ゼロネットエネルギー(ZNE)やグリッド・レスポンシブ・ビルディングに対応したソフトウェアを開発しています。

ゼロネットエネルギーの建物は、建物性能の目標と評価に重要な意味を持つ

ビルディングエネルギーシミュレーションソフトウェア市場は、2030年末までに171億米ドルの規模になると予測されています。この市場では、ゼロネットエネルギービルの概念が広く知られるようになってきています。これは、建築物の性能モデルとエネルギーモデルが設計・建設業界では切り離せないものになっているため、市場成長の重要な要因となっています。そのため、企業は、建物の日中の照明に合わせて調整する熱的快適性モデルの提供を増やしています。このように、ソフトウェアソリューションのパフォーマンスギャップの問題を解決するために、各社は建物の性能目標と評価の検証をサポートするソフトウェアを開発しています。

適切なツールを導入するための実践的な専門知識がソフトウェアプロバイダーの信頼性を高める

ビルディングエネルギーシミュレーションソフトウェア市場では、比較エネルギーモデリングから性能エネルギーモデリングへの移行が進んでいます。このため、評価期間中に同市場はCAGR約16%で成長すると予測されています。ソフトウェア開発者は、適切なツールを適切な時期に導入するための実践的な専門知識を提供することで、建物のエネルギー性能の分野を簡素化する努力をしています。ソフトウェア開発者は、顧客に総合的なサービスを提供するために、過去のプロジェクト、測定データ、革新的なアイデアを活用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]