ブレーキパッド市場、2030年に56億米ドル規模到達見込み

コロナウイルス危機の中、収益の伸びを左右する潜在的な税務上の影響

COVID-19危機は、自動車のサプライチェーンに混乱をもたらしています。世界の自動車生産の大部分を占める韓国、中国、日本などの国々は、このパンデミックによって最も大きな被害を受けています。ブレーキパッド市場の企業は、コロナウイルス問題を乗り越えるために、サプライヤーの変更に伴う税金や関税の影響を考慮し、事業の継続性を維持しています。また、生産予算を効率的に配分するために、車両のデザインや素材についても検討しています。これがブレーキパッド市場を牽引すると予想されます。

どれが良いか―オーガニック、セラミック、メタリックのブレーキパッド?

ブレーキパッド市場は、2030年には56億米ドルに達すると予測されています。有機系ブレーキパッドは、金属系ブレーキパッドに比べてダストの発生が少ないことがわかっています。しかし、有機系ブレーキパッドに含まれる熱吸収材は、ブレーキパッドの摩耗や破損の増加につながります。セラミック・ブレーキパッドは、低騒音性が注目されています。しかし、その製造コストの高さが市場の成長に影響を与えています。金属製のブレーキパッドは、走行時に高い性能を発揮します。しかし、金属製のブレーキパッドは、ブレーキシステムにストレスを与える傾向があります。このような長所と短所を考慮して、自動車製造部門では、車の所有者の購入決定や予算に応じて、ブレーキパッドの選択肢のバランスを取っています。

オフロード車ではヘビーデューティーグレードのブレーキパッドが注目されている

ブレーキパッド市場での競争力を高めるために、メーカーはドライバーのニーズに合わせてブレーキパッドの素材を設計・テストしています。各社は、トラクターや鉱山車両などのオフロード車を製造するOEMのニッチな要求に応えるため、プレミアムグレードやヘビーデューティーグレードのブレーキパッドの生産能力を高めています。摩擦材とその配合は、ブレーキパッドの革新の決め手となっています。

銅を含まない摩擦材は、都市部での自動車の排ガスを最小限に抑えることができる

ブレーキパッド市場の各社は、ディスクブレーキの摩耗による自動車の排ガスについて認識を深めています。ブレーキパッド市場の企業は、ディスクブレーキの摩耗によって引き起こされる自動車の排気ガスについて認識を深めており、自動車の排気ガスを減らすためにブレーキパッドから銅を取り除くための研究開発を強化しています。銅を含まない摩擦材を使って、都市部で排出される自動車の排ガスを最小限に抑える実験を行っています。これは人間と環境にとって良いことだと思います。さらにメーカーは、自動車の耐久性と安定した性能を実現するために、ローターとブレーキパッドのセットを考慮しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]