自動車用OEMキー市場、2030年末までに2億8,000万米ドル規模到達見込み

技術革新とCOVID-19ワクチンの改良が市場の成長を後押し

世界の自動車メーカーでは、新型コロナウイルスのパンデミック後、自動車販売に改善の兆しが見られるようになりました。しかし、自動車産業の関係者は、市場の長期的な回復に懸念を抱いています。そのため、自動車OEM市場の企業は、新型コロナウイルスの蔓延を抑制するために、リモートキーレスエントリーシステムの導入などの技術革新に取り組んでいます。

また、COVID-19ワクチンの改良も進められており、2021年の第1四半期および第2四半期に自動車の販売が開始される予定です。自動車メーカーは、自動車の価格と需要を強化するために、製造工場を再開し、従業員が猛烈なスピードで働くフル稼働の施設を作る戦略をとっています。自動車などの車両が非必需品に該当するため、自動車OEMの主要市場の成長を復活させるためには、このような戦略が必要になっています。

自動車のキーレスシステムのトラブル解決に役立つ無線ソフトウェアアップデート

テスラ社は、その強力な自律走行技術で人気を博していますが、そのキーレスシステムがハッキングされるのではないかという懸念が市場で浮上しています。そこで、テスラ社は、キーレスシステムのセキュリティを強化するための無線ソフトウェアアップデートをリリースしました。このように、自動車用OEMキー市場のメーカーは、研究者や専門家と協力して、キーレスシステムの問題を解決する必要があります。

自動車OEMキー市場の企業は、研究者と協力してキーレスシステムを進化させ、自動車のハッキングを防いでいます。自動車用OEMキーシステムにおけるソフトウェアの革新は、予測期間中に一般的になることが予想されます。

バーチャルカーキーは、お客様のデジタル体験を高める

自動車用OEMキー市場は、2030年末までに2億8,000万米ドルの規模に達すると予測されています。そのため、従来型のキーエントリーシステムに比べて、リモートキーレスエントリーシステムが高い収益シェアを持つと予測されます。この傾向は、デジタルカーキーの導入に伴って拡大することが予想されます。フランスの多国籍企業であるタレスグループは、電気システムの設計・構築を行っていますが、スマートフォンを使って簡単に車のロックを解除できるバーチャルカーキーの研究開発に力を入れています。

バーチャルカーキーは、自家用車、レンタカー、車のフリートにおいて、顧客のデジタル・エクスペリエンスを向上させます。そのため、自動車用OEMキー市場では、すべての車種の中で乗用車が最も高い収益シェアを占めると推定されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]