資産最適化ソリューション市場、2030年に117億米ドル超過見込み

COVID-19後の状況をナビゲートする綿密な分析

COVID-19の影響で、官民ともに資産の老朽化が問題となっています。ここで、資産最適化ソリューション市場の企業は、かつてないほどのビジネスの不安定さの中で、資産とビジネスの将来性を確保するために踏み込んでいます。例えば、設計・エンジニアリング・経営コンサルティングの世界的企業であるArcadis NVは、パンデミック後の状況を乗り切るための資産最適化に関する問題や懸念を解決するための詳細なレポートを提供しています。

ビジネスプロセスのデジタル化は、資産最適化のための重要なソリューションの一つとなっています。資産最適化ソリューション市場の企業は、長期的な事業継続のために、データに基づいた意思決定の重要性を強調しています。

クラウドベースのソフトウェアが非効率的な減価償却管理の問題を解決

正確な減価償却管理は、資産評価の重要な側面の一つです。しかし、すべてのソフトウェアが、企業が保有する大量の固定資産の減価償却費を追跡する機能を備えているわけではありません。そのため、資産最適化ソリューション市場の企業は、効率的な減価償却管理を実現するために、使いやすいクラウドベースのシステムを提供しています。クラウドベースのソフトウェアは、関連する指標を用いて一定期間の減価償却率を計算することができます。

資産最適化ソリューション市場は、2019年には30億米ドルと評価され、2030年には117億米ドルを超えると予想されています。米国のコンピュータソフトウェア企業であるFlexera社などのソフトウェアプロバイダーは、他のITアプリケーションへの支出を削減するために、FlexNet Managerを提供しています。

複雑なデジタル事情が資産最適化ソフトウェアの需要を促進

資産最適化ソリューション市場は、評価期間中に約13%の堅調なCAGRを記録すると予測されています。サービスプロバイダーは、資産のメンテナンスコストを削減し、予定外のダウンタイムを減らし、機器の稼働率を向上させるために、ソフトウェアの利用を増やしています。経営コンサルティング会社であるGP Strategies Corporationは、従業員と資産のパフォーマンスと整合性の向上を支援するAPM Optimize™のマーケティングを強化しています。

今日の非常に複雑なデジタル環境が、資産最適化ソフトウェアの需要を喚起しています。資産最適化ソリューション市場の企業は、ビジネスプロセスをシームレスに統合し、労働力の最適化を支援するターンキーソリューションを提供しています。資産最適化ソリューションは、資産のライフサイクルを改善するものとして注目されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]