ソックスの市場規模、2031年には8,160万米ドルに達する見込み

・2021年の市場規模は4,650万米ドル
・2022年から2031年にかけて5.9%のCAGRで推移
・2031年末には8,160万米ドルに達する見込み

ソックスの世界市場は、さまざまな国内企業やグローバル企業の存在により、一貫して成長を続けています。ジムでのトレーニングや屋外でのスポーツ活動でソックスを使用する人が増えていることが、ソックス需要の推進力となっていると考えられます。

また、ソックスには足を暖かく保ち、臭いを防ぐなどの効果があり、さらなる市場機会の創出が期待されます。アジア太平洋地域の市場は、発展途上国のおける人口増加により、大幅な成長が見込まれています。

さらに、この市場で事業を展開する主要な企業は、男性用・女性用の両方において、個人向けの着圧ソックスなど、さまざまなタイプのソックスを提供しています。

ソックス市場における有力企業は、さまざまな流通チャネルを通じて製品を提供することにより、地理的な範囲を拡大し、より幅広い消費者に対応しようとしています。

社会人人口の増加とオフィスや学校でのフォーマルな服装の必要性

プロフェッショナルな環境で働く人々は、通常、靴とソックスを含むフォーマルな服装を好みます。したがって、労働人口の増加がソックスの需要を世界的に押し上げると予想されます。

また、学校や教育機関の多くは靴とソックスの着用を義務付けているため、学校や大学に通う人口の増加もソックスの需要拡大を後押しすると考えられます。

全米教育統計センターによれば、全米で490万人が幼稚園から12年生までの公立学校に在籍しています。ソックスはファッションアクセサリーとしても着用されており、メーカーがさまざまな色や柄でカスタムメイドしています。これもまた、世界のソックス市場をけん引するものと期待されています。

スポーツリーグやトーナメントの増加も市場をけん引

スポーツソックスは、多くのスポーツリーグでアスリートに着用されています。ソックスを着用せずに運動すると痛みや不快感を伴う水ぶくれができることがありますが、ソックスはそれを防ぐのに役立ちます。

さらに、ソックスは靴にぴったりとフィットし、発汗による足の真菌感染も防ぐことができます。これらの要因が、世界のソックス産業を大きくけん引すると期待されています。

さらに、世界中で開催されるスポーツリーグやトーナメントの数が増えていることも、アスレチックフットウェア市場の活性化につながっていると考えられます。

国際オリンピック委員会(IOC)によると、2024年にパリで開催される夏季オリンピックには、206カ国から1万500人の陸上競技者が参加すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]