再利用/洗浄可能衛生用品市場、2031年まで6.7%のCAGRで成長見込み

・2021年の市場規模は157億米ドル
・2022年から2031年にかけて6.7%のCAGRで成長見込み
・2031年末までに市場規模は299億米ドルに達すると予測される

衛生や健康に対する意識の高まりにより、人々は製品や商品を購入する際に、より高い意識を持つようになっています。再利用可能な女性用衛生用品や失禁用品は、環境に優しく、漏れを防止する機能を備えていることから、生理用パンツや再利用可能なパンティライナーなど、再利用や洗濯が可能な衛生用品の市場は、今後数年間で大きく成長すると予想されています。

再利用/洗浄可能衛生用品は、生理用衛生用品、大人用失禁用品、赤ちゃん用おむつなど、日常的に使用する衛生用吸収体製品の有機・環境配慮型製品を指します。これらの製品は、他の衣料品と同様に洗濯して再利用することができます。プラスチックの埋立地の増加や、使い捨ておむつや生理用品の使用量増加による公害の増加が、今後数年間、再利用/洗浄可能衛生用品の需要を促進すると予想されます。再利用/洗浄可能衛生用品は、地球にとってより安全であるだけでなく、保存期間が長いため消費者にも好まれるでしょう。このことは、近い将来、再利用/洗浄可能衛生用品市場をけん引すると予想されます。

環境問題への関心の高まりが需要を促進

使い捨ての生理用ナプキンに使用されている素材のうち、埋立地に廃棄されるものの90%はプラスチックです。インドでは毎年、約123億枚、11万3,000トンの使用済み生理用品やおむつが埋立地に廃棄されており、国内のプラスチック汚染に拍車をかけています。女性用生理用品など、再利用/洗浄可能衛生用品は、長持ちする代用品として人気が高まってきています。

再利用/洗浄可能衛生用品の今後のビジネスチャンスは、世界中で環境に配慮した製品への需要が高まっていることが背景にあります。Women’s Environmental Networkによると、英国のトイレでは年間20億個近くの女性用衛生用品が流されているそうです。使い捨てのタンポンやナプキンが環境に悪影響を及ぼすことを強調したメディアキャンペーンにより、再利用可能な生理用品に対する消費者の関心はここ数年で高まっています。

再利用/洗浄可能衛生用品市場における主要企業

再利用/洗浄可能衛生用品市場は断片的であり、いくつかのローカルブランドがシェアの大半を占めていますが、新規参入企業の出現により製品に革新がもたらされ、市場における研究開発活動が活発化しています。企業は、主に洗って再利用できる女性用衛生用品や、再利用可能な個人用衛生用品などを開発するために、包括的な研究開発活動に多額の投資を行っています。Beck’s Classic Manufacturing、Charlie Banana、GladRags、AFRIpads、PantyProp、Zorbies Incontinence Underwear、Thinx、All Together Enterprises、Bambino Mio、Saaltなどが、再利用/洗浄可能衛生用品市場における主要な企業に含まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]