金属加工の市場規模、2031年までに277億4,000万米ドルに到達予測

・2022年の市場規模は200億米ドル
・2022年から2031年にかけて3.3%のCAGRで成長する見込み
・2031年末までに277億4,000万米ドル規模に達すると見込み

世界的な自動製造システムの需要増加が金属加工市場の拡大をけん引しています。金属はさまざまな産業で広く使用されている汎用性の高い素材です。金属加工工場は、溶接、切断、機械加工、せん断など、さまざまな付加価値サービスをワンストップで提供しており、OEM、鉄鋼メーカー、建築請負業者、付加価値再販業者は、高品質で長持ちする製品を製造するために金属加工工場を利用しています。また、金属加工は材料費と人件費の削減にも役立ちます。金属加工市場で事業を展開する企業は、収益源を強化するためにプレハブ建設製品のポートフォリオを拡大しています。

急速な工業化とインフラ整備が金属加工市場を強化

金属加工は、原材料から金属構造物や製品を製造するプロセスです。このプロセスには、金属の切断、燃焼、溶接、機械加工、成形、組み立てが含まれます。金属加工は、ペーパークリップ、自動車部品、鉄骨など、さまざまな製品の製造に重要な役割を担っています。

金属加工ビジネスのターゲット市場には、製造業、ハードウェア&ハンドツール、建築・建設、航空宇宙、ハードウェア製造が含まれており、急速な工業化とインフラ整備が、板金加工サービス市場を拡大すると予想されます。特に発展途上国での人口増加により、インフラ整備への多額の投資が必要となります。インドは2030年までにインフラ整備に5.5兆米ドルを投資すると予想されています。

金属加工市場における主要企業

金属加工市場は、いくつかの中小規模のメーカーやサプライヤーで構成され、シェアの大部分を占めています。主要プレーヤーは、製造プロセスや操作機械を最適化するために、R&D活動に多額の投資を行っています。同市場の主な企業にはMayville Engineering、O’Neal Manufacturing Services、BTD Manufacturing、Matcor-Matsu、Kaman Corporation、Watson Engineering、Kapco Metal Stamping、Standard Iron & Wire Works、Ironform、LancerFab Techなどが含まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]