人工血管市場、2031年に47億米ドル規模到達見込み

人工血管市場の概要

人工血管市場は、2021年に26億米ドルの規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は5.3%のCAGRで成長し、2031年には47億米ドル規模に達すると予想されています。

心血管疾患の死亡率上昇に伴い、小口径の人工血管の開発需要が世界的に高まっています。そのため、人工血管を用いた血管手術の件数は増加していますが、人工血管に関連する合併症やサイズの不一致により、その手術は限定的なものとなっています。現在、臨床応用のための理想的な合成人工血管の開発に取り組んでいる組織工学は、患者の合併症を低減させる可能性があるため、企業は研究開発を強化する必要があります。2020年と2021年のCOVID-19パンデミック時に発生した損失を相殺するため、ヘルスケア企業は危機管理計画を導入し、事業機能に応じて効率的にリソースを割り当てる必要があります。

人工血管の世界市場は、新製品開発のための新技術の進歩と血管手術の需要増加により、予測期間中に堅調な成長を遂げると予測されています。

血管手術は、主に臓器(心臓や脳など)や四肢(最も一般的なのは脚)への血流を回復させるために、閉塞または狭窄した動脈を中心に行われます。外科医は、血流のための代替経路を作るために、天然または合成の移植片を使って、閉塞した箇所の先の狭窄した動脈に健康な動脈を接続します。血管バイパス移植手術は、閉塞部位によって様々な種類がありますが、回復に時間がかかる大がかりな手術です。そのため、医師や臨床医は患者の同意書に署名し、人工血管の利点と考えられるリスクについて患者を教育し、患者の予後を改善するよう努めています。

冠動脈バイパス術(CABG)は、患者の冠動脈のアテローム性閉塞を、患者から採取した静脈または動脈導管でバイパスする主要な外科手術です。バイパスは虚血心筋への血流を回復させ、機能と生存率を回復させるとともに、狭心症状を緩和させます。

毎年、約40万件のCABG手術が実施されており、主要な外科手術の中で最も一般的な手術方法となっています。しかし、内科的治療や経皮的冠動脈インターベンション(PCI)などの代替手段の利用が増加し、外科的治療の必要性が低下しています。したがって、企業は、低侵襲CABG、ロボット支援CABG、および他のハイブリッド手術などのCABG手術のバリエーションを持つ冠動脈バイパスグラフトの使用を多様化し、手術後の潜在的な合併症を防止しています。

心血管疾患の有病率の上昇が人工血管市場の世界的な牽引役となる

冠動脈疾患や心停止などの心血管疾患に罹患する患者数の増加が、世界の人工血管市場を牽引すると予想されます。米州では、心血管疾患(CVD)、特に虚血性心疾患と脳血管疾患(脳卒中)は、個人の死因および身体障害の主要な原因となっています。CVDは患者の罹患率および死亡率の主要原因の一つであるため、医療費の大きな要因となっています。2016年の世界全体の死亡者数のうち、CVDは3分の1近くを占めています。

一方、CVDは2017年に世界で1,700万人以上の死亡、3億3,000万年の生命喪失、3,560万年の身体障害をもたらしました。一方、2030年には、CVDで2,300万人以上の人が死亡する可能性が高いと言われています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]