気道管理装置市場、2031年に23億米ドル規模到達見込み

気道管理装置市場の概要

気道管理装置市場は、2021年に11億米ドルの規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は7.7%のCAGRで成長し、2031年には23億米ドル規模に達すると予想されています。

気道管理装置の世界市場は、世界的な慢性呼吸器疾患の有病率の上昇が主要な成長要因となっています。また、インドなどの新興市場における主力企業と中小企業の戦略的買収や共同契約、老人人口の増加、早産率の上昇、生存率向上への対応などが市場成長に寄与しています。しかし、市場の参画企業は、患者のために費用対効果の高い装置の開発に注力する必要があります。さらに、COVID-19パンデミックにより救急医療部門やICUへの患者の入院が増加したため、医療機関は慎重になり、将来パンデミックに類似した状況での需要に対応するため、気道管理装置を調達しています。

気道管理装置の世界市場は、喘息やCOPDなどの慢性呼吸器疾患の世界的な有病率の上昇により、2022年から2031年にかけて大きな成長を遂げると予測されています。

重度の呼吸器感染症や低酸素飽和症候群の患者は、しばしば人工呼吸器などの陽圧装置を必要とします。気道管理装置には、気道管理チューブ(気管内チューブ)、喉頭鏡ハンドルおよびブレード、気道陽圧装置、さまざまなサイズの口腔咽頭エアウェイが含まれます。これらのデバイスは、主に手術の際に手術室で使用されます。また、患者の予後を改善するために、世界の気道管理装置市場で事業を展開する主力企業は、技術的に高度な呼吸器系装置の開発に注力しています。

世界的な呼吸器疾患の有病率の上昇が気道管理装置の市場成長を促進する

喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの慢性呼吸器疾患の発生率の増加が、気道管理装置に対する需要を促進しています。慢性閉塞性肺疾患、気管支炎、肺気腫、肺がんなどは、気道や肺の構造に大きな影響を及ぼします。呼吸器疾患の発生率は、大気汚染、喫煙習慣、座りがちなライフスタイル、ストレスなどの環境およびライフスタイルに関連する要因によって上昇しています。このような疾患に苦しむ患者数が増加していることから、疾患の治療のために携帯可能かつ低コストで使いやすい気道管理装置の需要が拡大しています。気道ステント留置術と気道確保システムは、気道管理装置を使用した独自の治療システムです。

世界保健機関(WHO)によると、2019年には 6,500万人以上が慢性閉塞性肺疾患(COPD)に苦しみ、300万人が死亡し、世界第3位の死因となりました。これらの死因の80%以上は低・中所得国(LMIC)で発生しています。2億6,200万人以上の人々が喘息に苦しんでおり、毎年世界の全児童の14%が罹患する最も一般的な小児慢性疾患となっています。2020年には約1,000万人が結核を発症し、140万人が命を落としており、最も一般的な致死性の感染症となっています。肺がんは毎年160万人が死亡しており、がんの中で最も死亡率の高い病気です。世界では、400万人が慢性呼吸器疾患により若くして亡くなっています。少なくとも20億人が屋内の有毒な煙にさらされ、10億人が屋外の空気中の汚染物質を吸い込み、10億人がタバコの煙にさらされています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]