mヘルスサービス市場、2031年に4,156億米ドル規模到達見込み

mヘルスサービス市場の展望

mヘルスサービス市場は、2021年に1,116億米ドルの規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は15.7%のCAGRで成長し、2031年には4,156億米ドル規模に達すると予想されています。

大手企業はmヘルスソリューションに関連する先進的技術を導入しており、COVID-19パンデミック後に世界のmヘルスサービス市場の成長を促進すると予測されています。慢性疾患の有病率急増により、高品質で低コストのヘルスケアサービスに対する需要が高まっています。また、世界的な高速ネットワークの普及と進歩により、モバイルヘルスサービスがその真価を発揮するための道が開かれました。世界のmヘルスサービス市場におけるこうした進歩は、今後数年間にわたり収益の急増を示すと予想されています。

mヘルスサービス市場の概要

mヘルスサービスは、携帯電話などの電子機器やその他の無線技術を医療に利用することと定義されています。mヘルスソリューションは、予防医療サービスについて消費者を教育するのに役立ちます。また、疾病観察、治療支援、慢性疾患管理、疫病発生の追跡などにも利用されています。世界のmヘルスサービス市場は、民間でmヘルス技術の導入が増加したため、今後数年間で力強い成長を遂げると予想されています。

新たな開発により、患者の診断と治療におけるmヘルスソリューションの利用が可能に

過去3~4年間におけるモバイルヘルス向けアプリケーションの増加が、世界のmヘルスサービス市場の成長を牽引しており、この傾向は予測期間中も継続すると予想されます。以前は、mヘルスアプリケーションはモニタリングサービスのみを含み、ユーザーは栄養やカロリー摂取のために毎日の食事をモニターすることができました。しかし、新たな開発により、健康データへのアクセスや慢性疾患の管理など、より新しいアプリケーションが見出され、健康アプリケーションの可能性が模索されています。

その結果、mヘルスサービスのアプリケーションは従来のモードを超え、診断サービス、予防サービス、治療サービス、緊急対応サービス、医師支援サービスなどに広がっています。

mヘルスサービスは、死亡者数を減らし、患者の転帰を改善する可能性を持つ

慢性疾患の発生率の増加により、今後数年間、mヘルスサービスに対する需要が拡大する可能性があります。mヘルスサービスは、自立した高齢者がさまざまなヘルスケアサービスに即座にアクセスするのに役立ち、そのため、高齢者の間でますます好まれるようになっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]