泌尿器用デバイス市場、2031年に640億米ドル規模到達見込み

泌尿器用デバイス市場の概要

泌尿器用デバイスの世界市場は、2021年に380億米ドルの規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は5.6%のCAGRで成長し、2031年には640億米ドル規模に達すると予想されています。

泌尿器用デバイスは、膀胱、尿道、尿管、腎臓に関連する腎臓および泌尿器疾患の診断と治療に用いられる医療機器を指します。世界の泌尿器用デバイス市場は、より低侵襲な治療法への移行が進んでいます。泌尿器用デバイス市場では、技術的に高度な製品の上市や、低侵襲治療デバイスの需要増により、予測期間中の泌尿器用デバイスの需要増が見込まれています。また、慢性腎臓病、尿失禁、末期腎臓病、膀胱癌、前立腺癌など、さまざまな泌尿器科疾患の有病率と発生率の上昇は、予測期間中に泌尿器用デバイスの需要を促進すると予想されます。さらに、COVID-19の感染者の中には、腎臓損傷や慢性腎臓病などの泌尿器疾患の悪化を経験した人が出てきています。ジョンズ・ホプキンス医学機構が発表した記事によると、COVID-19の重度感染者は、COVID-19に感染する前に腎臓に基礎疾患がなかったとしても、腎臓障害の徴候が見られると指摘されています。この記事によると、COVID-19が原因で入院した患者の30%以上が腎臓障害を発症し、集中治療室(ICU)で腎臓障害を発症した患者の50%以上が透析を必要とする可能性があるという研究結果が発表されています。

メーカーは高品質な泌尿器用デバイスの開発に注力

泌尿器科疾患の発生率が上昇していることから、医療機器メーカーは効率的で安全な泌尿器用デバイスを製造するために生産能力を高めています。尿失禁は、患者が尿のコントロールを失うという、一般的でありながら重大な泌尿器系疾患です。高齢者だけでなく、女性にも尿失禁が多く見られます。urinaryincontinence.comが発表したデータによると、米国では女性の3人に1人が何らかの尿失禁に悩まされています。

泌尿器用デバイス市場は、低侵襲手術の導入が進み、尿路系疾患に悩む患者数が急増していることから拡大しています。泌尿器科疾患の診断と治療のために、メーカー各社は高品質の泌尿器用デバイスを開発しています。

したがって、人々の泌尿器がん、腎臓閉塞、前立腺がんなどの泌尿器疾患の数の増加は、泌尿器カテーテル、ステント、泌尿器ガイドワイヤー、排水バッグなど、泌尿器用デバイスの需要を促進しています。

内視鏡および腹腔鏡検査機器はケアセンターからの需要が増加

世界の泌尿器用デバイス市場は、病院からの透析製品、内視鏡、周辺機器などの泌尿器用デバイスの需要増加によって大きく牽引されています。数社のデバイスメーカーが、泌尿器系疾患の早期診断のための泌尿器系レーザーやロボットシステムなど、技術的に高度な製品の導入に注力しています。

病院やその他のケアセンターは、膀胱がん、失禁、腎臓疾患の低侵襲手術や治療処置に使用できる高度な内視鏡や腹腔鏡検査機器の調達に巨額の投資を行っています。これは、患者の予後を良好にするために行われています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]