粒子線治療市場、2031年に12億米ドル規模到達見込み

粒子線治療市場の概要

粒子線治療の世界市場は、2021年に5億6,030万米ドルの規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は8.6%のCAGRで成長し、2031年には12億米ドル規模に達すると予想されています。

世界の粒子線治療市場は、癌の有病率の上昇、治療による障害のリスクの低さ、世界各地の粒子線治療センター数の増加などの要因により拡大すると予想されています。陽子線治療の主な目的は、局所腫瘍の治療や放射線手術に陽子線を使用することで、放射線治療を改善することです。粒子線治療は、放射線治療の一種です。治療部位の深さに応じてビーム速度を調整できるため、がん患者に集中的に放射線を照射することができます。粒子線治療の臨床効果は、臨床試験数の増加により確認されており、予測期間中は、ビーム照射、画像誘導、治療計画の進歩が期待されます。また、世界各地で治療施設の数が増加しており、そのうちのいくつかは計画段階または建設中です。

粒子線治療は、がん患者の転帰を改善するための社会的イノベーションを推進する

粒子線治療は放射線治療としても知られており、陽子線という正電荷を帯びた微粒子を用いて腫瘍細胞を死滅させるものです。医療機関は、重粒子線治療や陽子線治療など、さまざまな種類の粒子線治療を利用できるようになりつつあります。陽子線治療システムは、非侵襲性で副作用が少ないことから、膀胱がん患者の治療に好まれています。

患者の治療効果を高めるため、粒子線治療市場の参入企業は、困難な共同プロジェクトやコンセプトを社会的革新に役立つソリューションに変えています。主要な研究機関や医療機関は、放射線治療のイノベーションを進めるために力を合わせています。サイクロトロン装置の技術開発は、がん患者の治療のために進められている重要な戦略の一つです。

COVID-19パンデミックの中、厳格な安全プロトコルに適応するがんセンター

COVID-19パンデミックにより、次世代の生活を向上させる可能性のある粒子に関するパラダイムを変える革新的な技術の進歩が遅れる可能性があります。それでも、粒子線治療市場の企業は、高リスクで感染しやすいがん患者に対するケアサービスを継続することで、新しい標準に適応しています。

がん治療施設は、患者とスタッフのために厳格な安全プロトコルの遵守を実施しています。安全プロトコルの遵守を確実にするため、がん治療センターは、スタッフ、患者、センターへの訪問者全員に対する毎日のスクリーニングを含む多くの予防措置を実施しています。また、遠隔医療や遠隔患者モニタリングの普及は、世界の医療業界におけるパンデミックに対する実効的なソリューションになると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]