アウトドアウェア市場、2031年に236億米ドル規模到達見込み

アウトドアウェア市場の概要

アウトドアウェアの世界市場は、2021年に139億米ドルの規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は5.6%のCAGRで成長し、2031年には236億米ドル規模に達すると予想されています。

世界のアウトドアウェア市場は、少数の主力企業が大きなシェアを占めており、非常に細分化されています。世界的に女性のアウトドア活動への参加率が高まっていることが、アウトドアウェア製品の需要を牽引しており、市場プレイヤーに大きなビジネスチャンスを与えています。北米と欧州はアウトドアウェアの成熟市場ですが、アジア太平洋地域の消費者は欧米のライフスタイルを導入しているため、アジア太平洋地域の市場は急成長しています。消費者は、より快適な着心地を求めて、合成素材よりも天然素材を好んで使用しています。また、アウトドアウェアメーカーは、eコマースプラットフォームを活用し、未開拓の市場に参入しています。このように、世界中でアウトドア活動の普及が進み、eコマース活動も活発化していることから、世界的にアウトドアウェア製品の需要に拍車がかかると予想されます。

アウトドアウェアは、他の衣服の外に着用する機能的な衣服の一種であり、カジュアルウェアまたは防寒着として設計されています。アウトドアウェアは、防水性、気密性、通気性、速乾性、軽量性に優れています。ハイキング、キャンプ、登山、サイクリング、ボート、カヤック、ラフティング、ロッククライミング、ランニング、セーリング、スキー、スケート、サーフィンなどのレジャーや冒険活動において、消費者に快適性と機能性を提供しています。

消費者のアウトドア活動への参加とフィットネス意識の高まり

世界中でアウトドア活動への参加者が増加していることは、世界のアウトドアウェア市場を牽引する主要な原動力となっています。また、欧米のライフスタイルを導入する動きが活発化し、ミレニアム世代の人口が増加していることが、アウトドアウェア市場の成長に拍車をかけています。アウトドア産業協会(OIA)によると、米国人口の半分以上である1億6,070万人のアメリカ人が、アウトドアレクリエーション活動に参加しています。

アウトドア財団が委託した「2021年アウトドア参加動向レポート」によると、2020年までに6歳以上のアメリカ人の53%が、少なくとも一つのアウトドア活動に参加しており、これは過去最高の参加率であることが明らかにされています。このように、アウトドア活動の活発化や消費者の健康意識の向上に伴い、アウトドアウェアの需要が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]