消泡剤市場、2031年に141億米ドル規模到達見込み

消泡剤市場の展望

消泡剤市場は、2021年に91億米ドルの規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は4.5%のCAGRで成長し、2031年には141億米ドル規模に達すると予想されています。

消泡剤市場で事業を展開しているメーカーは、コロナパンデミック後の収益機会を維持するために、紙・パルプ、塗料・コーティングなどの高成長エンドユーザーに注力しています。そのため、企業はさまざまな最終用途産業で導入が進んでいる粉末およびシリコンベースの消泡剤製品に注目しています。さらに、消泡剤は水質汚染を減らし、衛生と安全を向上させるために利用されるため、水処理セグメントからの需要が高まっており、これが消泡剤市場を押し上げると予想されます。さらに、企業は研究開発に投資して革新的な製品を導入し、製品ポートフォリオを多様化して業界固有のニーズを満たすとともに、プロセスコストと毒性を低減する必要があります。

消泡剤の世界市場の概要

消泡剤は、産業運用における泡の発生を防止するための化学添加物です。ほとんどの場合、消泡剤は発泡媒体に不溶であり、界面活性剤としての特性を備えています。消泡剤は、水性製剤におけるマクロフォームの形成と大きな空気の閉塞を防ぐのに非常に有効です。泡は通常、さまざまな工業プロセスにおいて液体中にガスが分散することで形成されます。したがって、消泡剤は、紙・パルプ、塗料・コーティング、自動車を含む様々な産業で広く利用されています。世界の消泡剤市場は、消泡剤の多くの現存する特性のおかげで、予測期間中に急速なペースで成長すると推測されます。例えば、低粘度の消泡剤は泡立った表面で素早く広がります。そのため、消泡剤は気液界面に付着し、泡沫ラメラの脅威となります。

包装業界による紙ベースの製品の需要増が消泡剤市場を牽引する

2021年、世界の消泡剤市場において、紙・パルプセグメントは収益ベースで28.0%超の顕著な市場シェアを占めました。消泡剤は紙の破損を減らし、抄紙機の性能を向上させます。また、消泡剤は繊維の質を改善し、生産性を向上させます。包装業界における紙ベースの製品の使用量の増加も、予測期間中に消泡剤市場を牽引すると予想されます。また、紙のリサイクル装置の増加により、粉末消泡剤の需要も拡大すると予想されます。さらに、特殊紙、包装紙、産業用紙などのサブセクターからの需要は、引き続き市場成長の大きな機会になると予想されます。

水性塗料における特殊界面活性剤の使用が増加し、塗料用消泡剤の需要を押し上げる

機械的または化学的な消泡剤は、液体塗料やコーティング剤の製造・処理において重要な役割を果たします。消泡剤は、特にブラシやローラー、あるいはスプレーやカーテンコーティングのような高度な方法で塗布される塗料の塗布性を向上させるものです。また、厳しい環境規制により、溶剤系塗料から水系塗料への移行が進んでいます。水性塗料には、特殊な界面活性剤が多く使用されています。このため、高効率の消泡剤に対する需要が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]