産業用ゴム製品市場、2031年に2,184億米ドル規模到達見込み

産業用ゴム製品市場の概要

産業用ゴム製品市場は、2021年に1,243億米ドルの規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は5.8%のCAGRで成長し、2031年には2,184億米ドル規模に達すると予想されています。

産業用ゴムは、自動車、電気・電子、建設、医療業界などで実用化されています。環境意識の高まりと石油価格の変動により、産業用ゴム業界は持続可能で環境に優しい取り組みを導入しています。産業用ゴムは、通常、化石燃料に由来する原料からある程度合成され製造されています。欧州、北米、日本では、環境に配慮した製品を開発するため、公的機関が調達するバイオベース製品のうち、再生可能な原材料の最低含有量のガイドラインを満たすものを優先的に採用する基準を策定しています。そのため、産業用ゴムメーカー各社は、環境に配慮したバイオベース製品に力を注いでいます。産業用ゴム製品市場は、原材料価格の変動など、多くの課題に直面しています。この業界は競争が激しいため、需給のわずかな変動が価格に反映されます。原油生産者は、プレーヤー間の激しい競争により、原油価格の引き下げを余儀なくされています。原油価格が下落したため、製油所や石油・ガス上流企業に影響が及んでいます。産業用ゴムの代表格である合成ゴムは、石油の副産物を原料としており、これが産業用ゴム製品市場の脅威と考えられています。

産業用ゴム製品の世界市場は、自動車、工業、電気などさまざまな最終用途産業におけるゴム製品の需要増加により、予測期間中に大きく拡大すると予想されています。石油・ガス分野では、防噴装置、水膨張性パッカー、ドリルビットシール、パイププロテクター、インフレータブルパッカー、ウェルヘッドシール、ダウンホールパッカーなどの産業用ゴム製品が使用されています。

ゴムは、特にオイルやクーラントの混合環境下で優れた物理的特性を発揮します。動特性に優れ、温度による硬度、弾性率の低下が少ないため、ベルト、シール、オイルパンガスケット、ドレンプラグシール、ウォーターポンプシールなどに広く使用されています。また、耐熱性、耐油性にも優れており、高温下での使用寿命も長いのが特徴です。

自動車、建設、エネルギー分野における産業用ゴム製品の需要増加

自動車産業の企業は、従来のエンジンを高性能なオーバーヘッドカムエンジンやマルチバルブ設計に置き換えることで、自動車の性能を高めることに注力しています。合成ゴムは、その物理的・化学的特性と低温での高い性能の組み合わせにより、ボンネット内の用途に最適な素材となっています。ニトリルブタジエンゴムやポリクロロプレンなどの合成ゴムは、使用温度での静的・動的特性や連続熱暴露下での保持特性が良いため、動的・静的シール、ベルト、ホースに広く使用することが可能です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]