コーティング樹脂市場、2031年に669億5,500万米ドル規模到達見込み

コーティング樹脂市場の展望

コーティング樹脂の世界市場は、2021年に401億8,340万米ドルの規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は5.2%のCAGRで成長し、2031年には669億5,500万米ドル規模に達すると予想されています。

コーティング樹脂市場の参入企業は、水系、溶剤系、ハイソリッドなどの新技術を導入することに重点を置いています。現在、限られた石油化学資源の利用可能性と環境問題の高まりが、世界的な研究開発活動を活発化させています。また、所得の拡大や生活水準の向上により、塗料・塗装の使用量が増加しており、塗料・塗装業界を活性化させるものと期待されています。また、数社のメーカーが、環境にやさしい製品やプロセスを幅広い産業に提供することに期待を寄せています。これらの要因が、今後数年間におけるコーティング樹脂市場の推進力になると予想されます。

コーティング樹脂市場の概要

コーティング樹脂は、塗料を製造する際に主成分として使用される高分子化合物です。このコーティングは、腐食、天候、および汚れに対する保護層として機能します。コーティング樹脂の主な応用分野は、塗料やコーティング剤、木材コーティング樹脂、粉末コーティング樹脂などです。

コーティング樹脂の世界市場は2022年から2031年にかけて、建築塗料や自動車塗料の用途に特化した有利な特性のため、健全な成長率を示すと予測されています。

塗料・コーティング産業の拡大がコーティング樹脂の世界市場を牽引する

塗料・コーティング産業は、世界的に見ても樹脂の有力な最終用途産業の一つです。コーティング樹脂はバインダーの役割を果たし、製剤全体をまとめあげます。世界の塗料・コーティング産業は、急速に拡大しています。この業界は成熟していますが、世界的なVOC排出に関する意識の高まりから、新技術や環境に優しい製品へと移行しつつあります。

自動車、産業、海洋など様々な分野で塗料やコーティング剤の需要が急増しています。塗料は、優れた表面仕上げと気候条件からの保護を目的として使用されます。

また、自動車産業の拡大も塗料やコーティング剤の需要を促進しています。自動車用塗料は耐久性があり、硬化性に優れ、腐食を防ぎ、燃費を向上させるために自動車を軽量化します。

人口の増加と経済状況の回復により、世界的に住宅やインフラ整備への支出が増加しています。このため、予測期間中に装飾用塗料の需要が増加するものと予想されます。

主要なアプリケーションセグメントの一つである保護塗料では、塗料とコーティングの需要が急速に増加しています。これらの要因は、塗料およびコーティングの需要拡大を原動力とし、結果として予測期間中にコーティング樹脂市場を押し上げると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]