構造用接着剤市場、2031年に221億米ドル規模到達見込み

構造用接着剤市場の展望

構造用接着剤市場は、2021年に122億米ドルの規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は6.9%のCAGRで成長し、2031年には221億米ドル規模に達すると予想されています。

構造用接着剤市場は、COVID-19の大流行後、自動車産業や建設産業の事業活動が徐々に増加し、経済復興が加速すると予測されています。構造用接着剤は、基材に傷を付けずに圧力の急激な変化や化学物質への曝露に耐えることができます。したがって、あらゆる企業は、基材の特性を維持するために、構造用接着剤の処方を改善するための広範な研究開発を実施する必要があります。自動車産業以外では、構造用接着剤は、金属と金属、金属と複合材、複合材と複合材の部品を接合するために、航空宇宙産業にとって重要な役割を担っています。メーカーは、収入源を拡大するために、風力エネルギーと海洋産業における収益機会を生かす必要があります。

構造用接着剤市場の概要

構造用接着剤は、硬化して2つ以上の基材をつなぎ合わせ、基材間の力を支えることができる材料となる高強度接着剤です。このような基板間の接合は、接合部の不具合が製品の構造と機能に致命的な影響を与えるため、最終用途製品では最も重要です。最終用途製品や部品の衝撃、振動、化学物質、温度変化などに耐える高性能な構造用接着剤への需要が高まっています。

構造用接着剤の世界市場は、2022年から2031年にかけて、特に自動車や建築・建設産業において需要が大幅に拡大すると予想されています。これらの接着剤は、設計の範囲内で構造的完全性を損なうことなく構造的応力を伝達することが可能です。

一方、ポリウレタン接着剤の生産は多様化しています。ポリウレタン接着剤の生産におけるカシューナッツの殻の液体技術をベースにした淡色ポリエーテルポリオールなどの原材料は、最終用途で優れた耐水性を発揮します。また、これらのポリウレタン接着剤は、エポキシ接着剤の改質剤としても使用することができます。

自動車産業における有望な成長機会は、構造用接着剤市場の成長を促進する

自動車産業のステークホルダーは、過去何年にもわたってファスナー、溶接、リベットなどの技術を利用して事業活動を行ってきました。構造用接着剤は、堅牢なマルチ基板最終用途製品を開発するために、これらの従来技術に代わる有望な選択肢として注目されています。構造用接着剤は単に強度が高いだけでなく、従来の方法よりもコスト効率が高く、自動車の製造工程が大幅に短縮され、構造用接着剤を使用するために必要な技術も少なくて済むなど、さまざまな利点を備えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]