洗剤市場、2031年に1,763億米ドル規模到達見込み

世界の洗剤市場の概要

洗剤の世界市場は、2021年に1,207億米ドルの規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は4.3%のCAGRで成長し、2031年には1,763億米ドル規模に達すると予想されています。

COVID-19による市場への影響から収益成長レベルを回復するため、洗剤メーカーはランドリーケアや家庭用クリーニング製品などの高成長用途に注力しています。洗剤市場は適度に統合されており、大手企業が市場全体の40%~45%のシェアを占めています。国際会議は、製品メーカーと原料サプライヤーが価格や物流など産業界の商取引において合意を形成するのに役立っています。超高濃度ポンプ式洗剤や一回使い切りタイプの洗剤は、エンドユーザーの利便性に貢献しています。一方、洗濯用洗剤に含まれる化学物質は自然環境に対して有害であり、無機廃棄物の増加要因となります。そのため、メーカーは化学洗剤に含まれる有害な成分を代替する酵素ベースの洗剤を開発することで、信頼性を高める必要があります。食品・飲料業界や動物衛生業界では、予測期間中に洗剤の需要が急速に拡大すると予想されているため、企業は生産能力の増強を検討しています。

感染症の流行による衛生意識の高まり

COVID-19を含む感染症の拡大により、人々の清潔・衛生に対する意識は高まっています。ノロウイルスやインフルエンザなどの感染症が急増し、手指の消毒や衛生管理の重要性が高まっています。このことが手指消毒剤、洗濯、家庭用クリーニング製品の需要を促進し、予測期間中に洗剤市場の成長をさらに加速すると予想されます。

企業は、環境にやさしいランドリーケア製品や家庭用クリーニング製品の開発に注力することで、製品ポートフォリオを強化しています。複数の発展途上国では、消費者の注目を集め、認識を広めるために、医療専門家による衛生意識向上プログラムが実施されています。そのため、世界中の消費者から家庭用クリーニング製品やパーソナルケア製品への需要が高まっています。さらに、市場参加者は、感染症の蔓延を防ぐために、手指消毒剤、家庭用クリーニング製品、パーソナルケア製品などの技術革新を行っています。

環境に優しい洗剤の開発に注力する企業

発展途上国では、持続可能な洗浄剤や廃棄物ゼロの洗濯用洗剤への需要が高まっています。環境に優しい洗濯用洗剤は、人工染料や人工香料を使わずに作られた酵素ベースの製品です。メーカーは、リン酸塩を含まず、生分解性があり、石油系化学物質などの有害な成分を含まない洗剤の製造に取り組んでいます。ドデシル硫酸ナトリウム(SDS)は、有害な化学物質、人工染料、香料、動物性副産物、光沢剤を含まないため、洗浄剤に最もよく使用される植物由来の陰イオン性界面活性剤です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]