麻酔・呼吸装置市場、2028年に685億8,000万米ドル規模到達見込み

麻酔・呼吸装置市場の概要

麻酔・呼吸装置の世界市場は、2020年に340億3,000万米ドルの規模に達しました。2021年から2028年にかけて、市場は8.6%のCAGRで成長し、2028年には685億8,000万米ドル規模に達すると予想されています。

世界的な健康意識の高まりや呼吸器疾患の流行により、消費者の麻酔・呼吸装置に対する需要が高まっており、これが麻酔・呼吸装置の世界市場を牽引しています。また、世界的な手術件数の急増も市場成長の要因となっています。医療機器の技術的進歩、優れたメーカーの存在、そしてデジタル化の進展は、製品メーカーが競争で優位に立つのに役立ちます。世界の麻酔・呼吸装置市場の参画企業は、収益機会を引き出し、競争上の利益を得るために、製品開発を推進する必要があります。しかし、コストの高さが世界市場の成長にとって主要な制約要因となっています。

高齢者人口の増加が市場成長に貢献

呼吸・麻酔装置メーカーによる高度で持続的な技術的進歩が、この市場の成長を牽引しています。病院用医療機器から家庭用医療機器への患者の嗜好の変化が、この市場の成長を加速させ、使いやすい携帯型機器の提供を促し、かつて成熟したこの市場を復活させる道を開きました。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、発展途上国における主要な死因の一つであると考えられています。COPDや喘息を患う高齢者の増加が、麻酔・呼吸装置市場のさらなる活性化につながると期待されています。また、老年人口の急増は、手術件数の増加につながっており、市場全体の成長を押し上げています。

麻酔・呼吸装置の技術的進歩が世界市場を押し上げる

麻酔・呼吸装置の技術的進歩は、予測期間中に世界市場を牽引すると予想されます。世界的な外科手術の増加に伴い、麻酔・呼吸装置の導入が増加しており、今後数年間で市場の成長を加速すると予想されます。高度な製造プロセスの出現は、製品メーカーにとって有益な成長機会をもたらしています。世界の麻酔・呼吸装置市場で事業を展開しているメーカーは、医療分野からの要求を満たすために、生産ポートフォリオを増やしています。

麻酔ワークステーション、麻酔デリバリーマシン、麻酔ベンチレーター、麻酔モニターなどのさまざまな麻酔機器は、患者に安全な圧力と流量で麻酔蒸気を混合した酸素または亜酸化窒素を正確かつ一定に供給するように設計されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]