ヘルニア修復装置市場、2028年に86億2,000万米ドル規模到達見込み

ヘルニア修復装置市場の概要

ヘルニア修復装置市場は、2020年に55億米ドルの規模に達しました。2021年から2028年にかけて、市場は6.9%のCAGRで成長し、2028年には86億2,000万米ドル規模に達すると予想されています。

COVID-19の大流行の中、ヘルニア修復装置の改良のため、資金力のある企業がM&Aを実施しました。新しいヘルニア修復装置を市場に導入するためには、通常、いくつかの規制や臨床要件により非常に時間がかかるため、現在も続いているコロナパンデミックは、こうしたプロセスを加速する可能性があります。技術的に高度なヘルニア修復装置のコストを下げるために、医療技術企業は医師、外科医、看護師と協力し、製品の入手可能性を高める必要があります。メーカーは、新しいポリマーや補綴物、手術器具、インプラントなどを医療施設に導入する前に、コスト・ベネフィット分析を行う必要があります。

ヘルニア修復装置の革新を促す高齢者層の医療負担

ヘルニアは、患者の高い罹患率と関連しています。そのため、ヘルニア修復装置市場の医療技術企業は、製品や機器の改良のための研究開発費を増やしています。医療制度における高齢者人口の負担が増加しているため、メーカーは医療成果を向上させるために、効率的なヘルニアメッシュ、生体材料、内視鏡機器などの開発を余儀なくされています。55歳以上の高齢者は、健康障害や自然な筋力低下のリスクが高いため、ヘルニアを発症する可能性が高くなります。ヘルニアの有病率の上昇は、高齢者人口の増加、ライフスタイルの急速な変化、肥満者数の増加が原因であると考えられています。

COVID-19ピーク後の病院への来院者数の増加が市場復活を後押し

世界の多くの地域でマスク着用が義務付けられていないため、患者は治療や他の選択的処置を延期する代わりに、医療施設を訪れることを望むようになりました。しかし、中国やイギリスの医療制度は、新たなコロナウイルスの波により再びストレスにさらされています。それでも、テレヘルスや遠隔患者モニタリングなどの新たなトレンドが、2020年および2021年に生じた収益損失を相殺すると期待されています。

ヘルニア修復装置市場の参画企業は、財務予算を最適活用するために、新しい製造技術に投資する前にデータ駆動型の意思決定を行っています。また、ヘルニア修復装置のタイムリーな納入を確実にするために、世界的な販売順序を再考しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]