エネルギー貯蔵システム市場、2031年に738億米ドル規模到達見込み

エネルギー貯蔵システムの市場概要

エネルギー貯蔵システム市場は、2020年に405億3,000万米ドルの規模に達しました。2021年から2031年にかけて、市場は5.6%のCAGRで成長し、2031年には738億米ドル規模に達すると予想されています。

エネルギー貯蔵システムの世界市場は、世界的な電気自動車の普及と導入の高まりによって大きく牽引されています。自動車による環境汚染への懸念が高まっていることが、エネルギー貯蔵システムの需要増加の要因となっています。エネルギー貯蔵システムは、様々な種類のエネルギーを貯蔵し、必要なときに利用できるようにする装置です。商業、産業、家庭の各分野でエネルギー貯蔵システムの需要が高まっています。エネルギー需要の増加に伴い、再生可能エネルギー源の生産に対する意識が高まっていることが、エネルギー貯蔵システム市場の拡大に拍車をかけています。また、急速な都市化と工業化により、発展途上国でのエネルギー貯蔵システムのニーズが高まっています。

再生可能エネルギー源を利用した発電に関する意識の高まり

CO2や温室効果ガスが環境に与える影響について、世界的に関心が高まっています。このため、従来の石炭や化石燃料に代わる再生可能エネルギー源への関心が高まっています。この傾向は、今後数年間、世界のエネルギー貯蔵システム市場を牽引すると予想されます。エネルギー貯蔵の用途によって再生可能エネルギー源が利用されていることは、エネルギー貯蔵システムが従来の貯蔵システムよりも経済的で環境に優しいことを証明しています。各国政府が課す厳しい環境規制は、燃料を動力とする自動車と比較して汚染の発生が少ないことから、電気自動車の生産を促進しています。電気自動車はエネルギー貯蔵装置を必要とします。これらすべての要因がエネルギー貯蔵システム市場の成長を促進しています。

エネルギー貯蔵システム市場におけるメーカーの収益機会の拡大

エネルギー貯蔵システムの世界市場で事業を展開する主力企業は、有利な収益機会を活用するために、革新的な製品の開発に注力しています。世界市場で活動するプレーヤーの数は増加しており、収益機会を見出しています。企業間の競争の激化は、エネルギー貯蔵システムの世界市場の成長を加速しています。

また、市場の主力企業は、競争に打ち勝つために研究開発活動に投資しています。市場は、新たな市場参入企業の存在により、今後数年間でさらに成長すると予想されます。M&A活動の活発化、流通網の改善、運転資金の効率的な管理などの要因も、今後数年間の市場成長を後押しすると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]