バイオマス発電市場、2031年に853億4,000万米ドル規模到達見込み

バイオマス発電の市場概要

バイオマス発電の世界市場は、2020年に449億6,000万米ドルの規模に達しました。2021年から2031年にかけて、市場は6%のCAGRで成長し、2031年には853億4,000万米ドル規模に達すると予想されています。

環境に優しく持続可能な発電源への需要が世界中で高まっていることが、予測期間中のバイオマス発電の世界市場を牽引しています。世界の主要な発展途上国では、バイオマス発電を導入する動きが広がっています。バイオガスは、信頼性が高く、コスト効率に優れ、安全な発電源です。経済発展の促進や電力アクセスの改善に利用されています。バイオマス発電の世界市場における主要な参加企業は、世界市場における収益機会を拡大するために技術革新に注力しています。バイオマスはカーボンニュートラルな発電源であり、発電のための化石燃料への依存度を下げることができます。世界各国の政府は、税制優遇措置や融資保証などを提供し、バイオマス発電を支援するための投資を増強しています。

環境にやさしい発電源への意識の高まり

化石燃料に代わる低炭素で持続可能なエネルギー源として、また、地域社会が国内のバイオマス資源を利用できることから、バイオマス発電の利用が進んでいます。バイオマス資源の発電への利用は、各国政府・機関の戦略的な取り組みとして重要な位置を占めています。こうした取り組みは、国のエネルギー経済を再編成し、全体の発電量に占める再生可能エネルギーの割合を増やすことを目的としています。

クリーンな再生可能エネルギーの人気が高まっていることは、化石燃料の利用によって引き起こされる経済、気候、環境、安全保障の課題に対する解決策として重要な要因となっています。こうした要因が、市場の急速な拡大をもたらしています。

バイオマスは、熱供給、発電、運輸分野において燃料として利用されています。バイオマスを燃料とする発電所のコストは、原料や資本コストに大きく左右されます。バイオマスは、低コストの農業や林業の廃棄物や残渣を利用することで、従来の電源と競合することができます。原料が高価な地域でも、バイオマス発電のコストは石炭火力発電よりも高いため、バイオマスはオフグリッド電源として理想的です。環境問題の高まりと代替燃料の生産ニーズの高まりが、世界市場を牽引する主な要因となっています。

アジア太平洋地域が市場参入の好機を提供

アジア太平洋地域は、予測期間中にバイオマス発電の世界市場で大きなシェアを占めると予想されています。中国、インド、ブラジルなどの発展途上国や新興国における都市化や急速な工業化が、市場の急速な拡大の要因となっています。アジア太平洋地域では、産業の発展に伴い、エネルギー需要が増加しています。バイオマスは代替発電源であり、ベースロード電源としても利用できるため、バイオマス発電市場のさらなる成長が期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]