熱交換器市場、2031年に342億4,000万米ドル規模到達見込み

熱交換器市場の概要

熱交換器市場は、2020年に180億4,000万米ドルの規模に達しました。2021年から2031年にかけて、市場は6%のCAGRで成長し、2031年には342億4,000万米ドル規模に達すると予想されています。

熱交換器の需要増加の背景には、熱効率の最大化があります。熱交換器の需要は、急速に発展する化学・炭化水素分野や、今後予定されているさまざまな大規模発電プロジェクトにより、大幅に増加する可能性があります。急速に発展する暖房、換気、空調(HVAC)産業と、電力および炭化水素分野における積極的な生産能力の増強が、熱交換器の需要を押し上げると予想されます。また、世界の熱交換器市場で事業を展開する主力企業の存在が、市場の成長を推進しています。一方、原料価格の変動は熱交換器市場の成長を妨げる大きな要因となっています。

発展途上国の工業化が世界市場を牽引する

化学、HVACR、石油化学、石油・ガス産業において熱交換器の需要が世界中で高まっています。新興国における急速な工業化は、熱交換器の需要を高めると予想されます。アジア太平洋地域では、製造業、商業、工業プロジェクトの増加により、熱交換器の需要が増加しています。また、世界各地の発展途上国における発電所への投資の増加も、市場全体の拡大を後押ししています。

現在、電力不足が続く国々の政府は、産業界や家庭からの需要に応えるため、常に発電能力を向上させるための対策を講じています。蒸気タービンやガスタービンを主な動力源とする多くの発電所が稼働中であり、現在建設中の発電所も少なくありません。また、ここ数年で急速に勢いを増している再生可能エネルギー分野もあります。世界は近い将来、エネルギー・ポートフォリオの多様化と再生可能エネルギー技術を導入することに大きな関心を示しています。

原子力発電所の拡大が熱交換器の世界市場を後押し

熱交換器は、ある媒体から別の媒体へ効率的に熱を移動させるために設計・製造された機器です。媒体は、混合を防ぐために固体壁で分離されている場合もあれば、最終製品に害を与える可能性のある処理中の材料と直接接触する場合もあります。世界中の発展途上国における原子炉の増加は、熱交換器市場のプレーヤーに有利な収益機会をもたらしています。熱交換器は、原子力発電所に全体的な効率性と出力を提供します。熱交換器の一般的な例は、内燃エンジンに見られます。エンジン冷却水として知られる循環流体がラジエーターコイルを流れ、空気がコイルを通過することで、冷却水を冷却し、エンジンで発生する熱を放出します。既存の原子力発電所のアップグレードや新たな原子力発電所プロジェクトは、世界の熱交換器市場のプレーヤーに成長機会をもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]