反射防止コーティング市場、2031年に116億5,000万米ドル規模到達見込み

反射防止コーティング市場の概要

反射防止コーティングの世界市場は、2020年に42億米ドルの規模に達しました。2021年から2031年にかけて、市場は8.2%のCAGRで成長し、2031年には116億5,000万米ドル規模に達すると予想されています。

反射防止コーティングは、その用途の拡大により、様々な産業から注目を集めています。反射防止コーティングは、眼鏡、電子機器のタッチスクリーン、フラットパネルディスプレイ、スマートフォンのディスプレイなど、一般的に使用される様々な製品に適用されています。これらの成熟した市場からの需要の高まりが、反射防止コーティング市場の主要な拡大要因となっています。パートナーシップ契約、アライアンス、合併、買収、地域的拡大などの要因も、市場の成長を後押ししています。さらに、製造プロセスの技術革新は、反射防止コーティング市場の飛躍的な成長に貢献しています。

太陽光発電産業からの需要増が世界市場を押し上げる

反射防止コーティング市場は、太陽光発電と通信業界からの需要増加により、大きな恩恵を受けると予想されます。反射防止コーティングは、さまざまな表面からの反射を低減させる光学薄膜コーティングです。このコーティングは、反射による光の損失を減らすことで、透過率を向上させます。ガラスと空気の接点では、ガラスに直角に降り注ぐ光の4%近くが反射により失われます。このとき失われる光の割合は、光の入射角が大きくなるにつれて増加します。特にソーラーパネルでは、反射した光は光の損失となります。

ソーラーパネル用ガラスに反射防止コーティングを施すことで、光の反射を最小限に抑え、より優れた光透過率を実現することができます。反射防止コーティングの世界市場における企業は、製品開発を加速させ、競争上の利益を得るために収益機会を獲得しています。市場のステークホルダーは、課題を克服し、競争力を得るためにサービス領域を拡大しています。

様々な最終用途産業で反射防止コーティングの導入が進む

反射防止コーティングの用途は、眼鏡、太陽電池、自動車、電子機器などに広がっており、これが世界市場を牽引しています。このうち、眼鏡産業は現在、反射防止コーティング市場の主要な最終用途産業であり、予測期間においても最大の最終用途産業であり続けると予想されます。この産業では、高光透過率製品や快適なレンズ・眼鏡に使用される反射防止コーティングの需要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]