ポリカーボネート市場、2031年に379億9,000万米ドル規模到達見込み

ポリカーボネート市場の概要

ポリカーボネートの世界市場は、2021年に196億米ドルの規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は6.2%のCAGRで成長し、2031年には379億9,000万米ドル規模に達すると予想されています。

ポリカーボネート市場の企業は、COVID-19の流行が続く中、経済活動を維持するために、建築・建設、電子機器、医療用インプラントなどの必須アプリケーションに注力しています。ポリカーボネートシートは熱により急激に膨張にするため、メーカーは「ポリカーボネートの膨張度は摂氏1度あたり0.065mm/m」など技術情報の認知度を高めることが必要です。アジア太平洋地域では、中国がポリカーボネート素材の主要な消費国として台頭し、2020年には数量ベースで同地域の市場の60%近いシェアを占めると予想されています。また、中国の医療機器産業は、過去5年間において急速に拡大しています。

ポリカーボネート材料の需要を喚起する自動車・電子機器用途

ポリカーボネートは、自動車、エレクトロニクス、建築など、様々な最終用途産業で広く使用されています。軽量な自動車部品に対する需要の高まりが、ポリカーボネート材料の原動力となっています。軽量化されたポリカーボネート部品は、乗用車の燃費向上に重要な役割を果たすことが、その要因として挙げられます。

また、電子機器の小型化傾向も、ポリカーボネート市場の主な成長要因のひとつです。この傾向は、eコマース業界やオンラインショッピングアプリの急成長と相まって、ポリカーボネートメーカーの収益機会につながっています。

コロナウイルスの大流行で需要を伸ばすポリカーボネート集約型プラスチック製品

コロナウイルスの大流行が続く中、医療用ポリカーボネートやその他のプラスチック製品の重要性が高まっています。これは、ポリカーボネート製注射器や静脈内投与用製品の需要が増加していることに起因しています。このため、ポリカーボネート製の輸液・点滴用製品は、世界のポリカーボネート市場で大きな成長を遂げると予想されています。

コロナウイルス対策用として、プラスチック製の一体型フェイスシールドなどの革新的な製品が登場しています。一流大学の研究者たちは、使い捨てのフェイスシールドの設計に注力し、ポリカーボネート市場のメーカーに大量生産するよう働きかけています。英国、インド、中国の医療施設は、新種のCOVID-19変異株が新たに報告され、危険にさらされているため、この傾向は特に重要となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]