世界の遠隔医療市場、2028年に150億米ドル規模到達見込み

市場の概要および動向

世界の遠隔医療市場は、2020年に78億米ドルの規模に達しました。2021年から2028年にかけて、市場は7%のCAGRで成長し、2028年には150億米ドル規模に達すると予想されています。

米国に加えて、アフリカなどの地域も遠隔医療市場の成長の可能性があります。資源が限られており、優れた医療インフラが存在しないため、ステークホルダーはアフリカのような市場成長の可能性がある地域を注視しています。したがって、遠隔医療技術は、特にCOVID-19のようなパンデミック時において、このような地域のゲームチェンジャーとなる可能性があります。しかし、市場の成長を促進するためには、遠隔医療サービスに関する認知度が必要です。したがって、医療施設や開業医は、潜在的なデータ漏洩を防ぐために、スマートフォンやタブレット端末、安全なソフトウェア技術などのデジタル技術に投資しています。一方、アジア太平洋地域でも、医療分野への政府支出の増加により、同地域の市場は大きな成長を遂げると予想されています。1996年の医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(Health Insurance Portability and Accountability Act of 1996)などの法律による遠隔医療市場に対する政府の一貫した支援が患者のプライバシーを保護し、これが遠隔医療市場の成長をさらに推進する要因となっています。欧州の遠隔医療市場は、COVID-19の脅威の高まりを感知し、遠隔医療技術の利用促進のために政府により規制緩和がなされており、安定した成長が期待されています。また、ウェアラブル医療機器の使用が増加していることも、欧州の遠隔医療市場の成長を後押ししています。

心血管疾患の高い有病率は、遠隔医療におけるセンサー技術の必要性を高める

遠隔医療市場は、放射線科、遠隔ICU、皮膚科、精神科、心臓科に大別されており、心臓科分野は、遠隔医療市場において最大のシェアを占めています。これは、心血管疾患の有病率の上昇と、遠隔医療市場で行われている最先端の技術革新に起因するものです。さらに、センサーベースの技術は、医療従事者が心血管疾患患者の遠隔監視を可能にする遠隔医療と心臓病学の分野で脚光を浴びています。

COVID-19パンデミックは世界の遠隔医療市場の成長を促進する

COVID-19パンデミックが依然として続いているため、遠隔医療は必要不可欠となっており、遠隔医療市場は成長軌道に乗っています。COVID-19パンデミックは、遠隔医療市場の関係者にとって、急速な成長の機会として作用しています。現在も先行き不透明なパンデミックの期間において、遠隔医療は、感染拡大を避けるために外出制限を余儀なくされた多くの人々にとって、日常的な臨床フォローアップと治療のための重要な役割を果たしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]