ファーマコビジランス市場、2028年に115億米ドル規模到達見込み

市場の概要および動向

世界のファーマコビジランス市場は、2020年に61億米ドルの規模に達しました。2021年から2028年にかけて、市場は8.8%のCAGRで成長し、2028年には115億米ドル規模に達すると予想されています。

世界のファーマコビジランス市場は、安全な医薬品への需要の高まりと公衆衛生に対する大衆の意識向上によって、累積的に成長しています。このサービスは、現在進行中のCOVID-19パンデミックの中で、薬剤の組み合わせによって発現したり悪化したりする可能性のある予期せぬ作用の監視に役立っています。世界的に存在している国立ファーマコビジランスセンターは、市場の成長をサポートするために不可欠な役割を果たしています。ファーマコビジランスは、より良い医療システムを開発するために多くの課題に直面にしています。熟練した労働力の不足と、ウェブ経由で入手した医薬品に関する情報は、市場の2つの大きな阻害要因となり得ます。しかし、義務化される可能性のある厳格なファーマコビジランス活動は、市場のサービスに対する需要を促進することが期待されます。ファーマコビジランスの義務化は、リスクの高い医薬品を積極的に管理するのに役立ちます。

ファーマコビジランスの需要を促進する先進的な臨床試験段階

ファーマコビジランス市場の関係者は、前臨床試験、臨床試験のフェーズI、II、III、および医薬品開発のフェーズIVでサービスを拡張しています。フェーズIV(市販後調査)は、過去数年間、収益面で大きなシェアを占めてきました。市販品に関する安全性の懸念、同種医薬品の安全性プロファイルを比較するシステム設計の必要性の高まり、公衆衛生意識向上キャンペーンの高まりなどは、ファーマコビジランス市場の成長を推進しています。

臨床試験フェーズIIIは、医薬品の安全性監視の必要性が高まっているため、高いCAGRで成長すると予測されています。この段階では、多様なサブグループにおける薬物の安全性と効率性に重点が置かれ、そこで利益とリスクの比率が開発、精査され、それに応じて更新されます。医薬品の安全性に関してより正確を期すため、バイオ医薬品企業は高度な臨床試験フェーズの構築に注力しています。

ファーマコビジランスはCOVID-19ワクチンと患者モニタリングのための健康の透明性を提供する

コロナパンデミックにより、ファーマコビジランスサービスのニーズが高まっています。ファーマコビジランスの市場参入企業は、コロナウイルスワクチンの安全性指導に関する認知度を高めることで、この機会を利用しています。ワクチンの認可、製造、用法などの詳細な情報がファーマコビジランスサービスの需要を促進しています。これらの情報は、情報の深さが増すにつれて順次アクセスできるようなレイヤーで表示されるようになっています。同時に、COVID-19患者のファーマコビジランス・モニタリングは、国際的な優先事項となっています。医療機関は、健康に関する情報の透明性を保証するために、この活動を奨励しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]