再生医療市場、2028年に129億米ドル規模到達見込み

市場の概要および動向

再生医療の世界市場は、2020年に60億米ドルの規模に達しました。2021年から2028年にかけて、市場は10.3%のCAGRで成長し、2028年には129億米ドル規模に達すると予想されています。

間葉系幹細胞は、COVID-19患者の免疫反応や中和抗体価の誘導により治療効果を発揮することが公表されています。再生医療は、幹細胞治療、ナチュラルキラー(NK)細胞治療、キメラ抗原受容体(CAR)T細胞治療、エクソソーム、組織製品など、様々な細胞・組織治療薬や関連製品を提供するものです。しかし、認知度の低さや患者における合併症のリスクが市場の成長を阻害しています。したがって、市場参入を目指す企業や既存企業は、患者の合併症を予防するために、有効な製品の利用可能性を高めるための研究開発投資を強化する必要があります。また、再生医療のリスクとベネフィットについて患者を教育し、臨床成果を向上させ、患者が十分な情報を得た上で治療法を決定できるようにする必要があります。

COVID-19 患者の転帰を改善するために注目される間葉系幹細胞

COVID-19およびその変異株であるNeoCoVやOmicronなどの治療オプションの増加について、ヘルスケア企業は精査を受けているため、再生医療市場の関係者はこの機会を利用して研究開発能力を高めています。関係者は、この新たな感染症に対する最適な治療法を見出すために、専門家と協力して研究を進めています。その結果、間葉系幹細胞(MSC)が炎症症状を軽減し、感染症状の進行を阻止する決定的な効果があるという知見が得られています。

幹細胞の市場収益は予測期間中にバイオマテリアルを超えることができるか?

再生医療市場は、技術ベースでバイオマテリアル、幹細胞治療、組織工学に大別されます。このうち、幹細胞技術は現在、市場で最大の可能性を秘めています。幹細胞はバイオベースの代替医療技術であり、合成医療が急速に発展しているにもかかわらず、支持を集めています。これは、幹細胞の高い再生能力が、体内の他の細胞の生産をもたらすためと考えられます。骨・関節疾患だけでなく、網膜疾患、癌、糖尿病、アルツハイマー病、関節リウマチ、脳性麻痺、自閉症スペクトラムなどの治療にも使用されています。

さらに、幹細胞は、他の医薬品とは異なり、症状ではなく病気の根本的な原因を治療する再生医療において重要な役割を果たすと予想されています。この分野では、すでに多くのブレークスルーが報告されています。しかし、幹細胞治療の分野での進歩にもかかわらず、バイオマテリアルの分野が現在主要な収益シェアを占めており、今後もその優位性を保つと予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]