創傷被覆材市場、2028年に177億米ドル規模到達見込み

市場の概要および動向

創傷被覆材市場は、2020年に101億米ドルの規模に達しました。2021年から2028年にかけて、市場は7.5%のCAGRで成長し、2028年には177億米ドル規模に達すると予想されています。

慢性・急性創傷の発生件数の増加は、創傷被覆材の世界市場を牽引する主な要因の一つです。また、医療インフラ改善への投資増加、老人人口の急増、皮膚潰瘍、組織壊死、糖尿病性足潰瘍の広告普及なども、市場の推進要因として挙げられます。創傷被覆材の世界市場における主要企業は、世界的な外科手術の増加に伴い、革新的な創傷被覆材ソリューションの導入に注力しています。しかし、創傷被覆材に必要な材料のコスト高と創傷の被覆に要する時間の増加は、市場の成長を阻害する要因となっています。市場参加企業は、製品開発を加速させ、競争上のメリットを得るために収益機会を見出す必要があります。市場参加企業は、ヘルスケア分野で競争力を得るために、サービス提供体制を拡充しています。

コロナウイルスの世界的大流行が創傷被覆材市場に与える影響

世界経済に多大な影響を及ぼしているコロナパンデミックは、医療システムに強いプレッシャーを与えています。世界の創傷被覆材市場も、コロナパンデミックによりマイナスの影響を受けています。創傷被覆剤の供給不足とサプライチェーンの混乱は、世界市場の成長を妨げています。しかし、各国政府によるロックダウン措置、選択的手術のキャンセルや延期、コロナパンデミックにおける皮膚損傷の増加などの要因は、市場成長にプラスの影響を及ぼしています。さらに、創傷ケア製品の技術的進歩や、世界的な糖尿病罹患率の増加も、世界市場の成長を加速しています。

慢性および急性の創傷発生率の上昇

世界的な糖尿病患者数の増加と糖尿病性足潰瘍の有病率の上昇は、今後数年間で世界の創傷被覆材市場を牽引すると予測される要因です。様々な疾患によって引き起こされる糖尿病性足潰瘍、褥瘡、静脈性下腿潰瘍などの慢性創傷の発生率の増加が、世界の創傷被覆材市場の成長を促しています。

慢性創傷は、感染症や潰瘍、血液供給不足などの合併症を引き起こし、創傷治療期間を長引かせます。また、糖尿病患者数の増加は、創傷被覆材の需要拡大に寄与します。蜂巣炎や感染性静脈性湿疹などの感染症、壊疽、出血、下肢切断は、慢性創傷の主な原因であり、創傷被覆材市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]