リチウムイオン電池市場、2031年に648億3,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要および動向

リチウムイオン電池の世界市場は、2020年に199億8,000万米ドルの規模に達しました。2021年から2031年にかけて、市場は11.8%のCAGRで成長し、2031年には648億3,000万米ドル規模に達すると予想されています。

リチウムイオン電池市場のメーカーは、現在進行中のコロナパンデミック時に経済を維持するために、基幹産業におけるミッションクリティカルなプロジェクトに注力しています。リチウムイオン電池の廃棄による使い捨て廃棄物の増加が大きな環境問題として浮上しているため、リチウムイオン電池市場の関係者は環境への悪影響を低減するために材料のリサイクルに関する研究を強化しています。電気自動車やハイブリッド車の普及は、リチウムイオン電池メーカーにとって収益機会となっています。同時に、メーカーは収益源を拡大するために、電池パックやエネルギー貯蔵システムの生産能力を高めています。拡大し続ける自動車分野で使用される主なリチウムイオン電池は、リチウム-ニッケル-コバルト-アルミニウム(NCA)およびリチウム-ニッケル-マンガン-コバルト(NMC)などがあります。

リチウムイオン電池の需要を支える家電と電気自動車

現在、民生用電子機器では携帯性と長寿命を両立させるために、リチウムイオン電池が主流となっています。今後、ウェアラブル機器に大量のエネルギーを充填し、ポケットのような小さなスペースに収納するには、リチウムイオン電池が不可欠となります。また、民生用電子機器の需要増加により、リチウムイオン電池の普及が進むと予想されます。今後10年間で、民生用電子機器向けリチウムイオン電池の売上高は、世界のリチウムイオン電池の売上高の半分を占めると予想されます。さらに、リチウムイオン電池市場は、今後数年間、自動車産業からの大きな需要が見込まれます。

リチウムイオン電池は、高エネルギー密度、高放電電力といった、電気自動車に不可欠な特性を備えています。また、政府支出の増加は、電気自動車の導入を促進する上で重要な役割を担っています。米国や欧州などの電動モビリティの主要地域は、燃費基準やゼロまたは低排出ガス車へのインセンティブなど、さまざまな手段を活用しています。

COVID-19で注目されるリチウムイオン電池のオンデマンドデリバリー

リチウムイオン電池市場のメーカーは、COVID-19パンデミックが続く中、継続的な収益確保を目指し、グリッドエネルギーや家電製品などの主要な収益産業に注力しています。自動車産業はパンデミックによって深刻な打撃を受けているため、メーカーは電池の販売を促進するために、eコマースやオンラインショッピングアプリを通じて収益機会を作り出しています。リチウムイオン電池市場のメーカーは、顧客の特定の要件を満たすために、製品やサービスのオンデマンド配信に対応しています。サプライチェーン、原材料、その他の製品に関して中国が引き起こした混乱により、関係者はビジネスの継続性を確保するために現地生産能力に依存することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]