ジメチルエーテル市場、2031年に171億米ドル規模到達見込み

市場の概要および動向

ジメチルエーテルの世界市場は、2020年に62億4,000万米ドルの規模に達しました。2021年から2031年にかけて、市場は9.6%のCAGRで成長し、2031年には171億米ドル規模に達すると予想されています。

消費者の志向および環境への関心の高まりにより、有害性が低く高品質な製品の需要が増加しており、ジメチルエーテル市場の成長を促進しています。

ジメチルエーテル(DME)はメトキシメタンとしても知られ、圧縮着火式ディーゼルエンジンの代替燃料として使用される無色・無臭の有機成分です。無毒で、セタン価が高く、クリーンな燃焼が可能な燃料です。DMEは、炭化水素をガス化プロセスで合成ガス(シンガス)にすることで合成的に作られます。合成ガスを銅系触媒でメタノールに変換し、メタノールを脱水してDMEを製造します。DMEは、輸送用燃料、発電所燃料、液化石油ガス(LPG)用プロパンとして幅広く利用されているほか、多くの化学製品の原料として使用されています。

また、人口増加に伴うエネルギー需要に対応するためのLPGプラント数の増加や、採用率の上昇などの要因も、市場成長を後押ししています。さらに、自動車産業の発展やメーカーのクリーンエネルギー燃料へのシフトにより、DME市場の拡大が予測されています。

自動車産業からの高い需要がジメチルエーテル市場を促進

自動車の需要拡大は、ジメチルエーテル市場の主要な推進要因となっています。その結果、多くの企業や自動車メーカーが、より高品質な燃料を自動車に搭載するようになっています。これは、DME市場成長のための新たな展望を開くことが期待されます。

自動車分野では、ハイブリッド車へのジメチルエーテルの使用が増加しており、世界市場を押し上げると予測されます。世界中の少数の自動車メーカーがクロスオーバー車の代替品を探しており、その結果、ディーゼルおよびバイオディーゼルの需要が急増しています。持続可能なエネルギー源からエネルギー需要を満たす取り組みが多くの国の政府から支持されているため、バイオ燃料製造用のジメチルエーテルの需要は拡大すると予測されます。その結果、世界のジメチルエーテル市場で事業展開する主要企業は、バイオ燃料産業から大きな利益を得ることが期待されます。

ジメチルエーテル市場を支配するのはアジア太平洋地域

アジア太平洋地域は、原材料がリーズナブルな価格で入手できることから、世界のジメチルエーテル市場を支配しています。ジメチルエーテル市場において最も収益性の高い国は中国です。輸送用燃料、エアゾール推進剤、LPG混合物など、さまざまな用途でジメチルエーテルの使用が増加しているため、中国は今後数年間で大きな収益を上げると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]