産業用ガス市場、2031年に1,261億米ドル規模到達見込み

市場の概要および動向

世界の産業用ガス市場は、2020年に657億米ドルの規模に達しました。2021年から2031年にかけて、市場は6.1%のCAGRで成長し、2031年には1,261億米ドル規模に達すると予想されています。

産業用ガス市場には、多くのメーカーが進出しています。これらの企業は、消費者ニーズの高まりに対応するため、製品の品質を向上させるための研究開発活動への投資を増やすことに重点を置いています。ヘルスケア、食品・飲料、鉱業、石油・ガス、エレクトロニクス産業からの需要急増により、産業用ガス市場は健全な成長を続けています。しかし、多くの発展途上国で産業用ガスの製造、貯蔵、流通に適用される厳しい規制が、世界の産業用ガス市場の成長を妨げています。産業用ガス市場の参加企業は、製品開発を加速させ、競争上の利益を得るために収益機会を見出す必要があります。市場参加企業は、世界市場での競争力を得るために、サービス提供の幅を広げています。

COVID-19の産業用ガス市場への影響

他の産業と同様に、世界の産業用ガス市場はCOVID-19パンデミックによってマイナスの影響を受けました。ロックダウンや事業停止により、バリューチェーンに混乱が生じました。コロナパンデミックが産業用ガス市場のすべての事業を弱体化させたにもかかわらず、世界中の様々な最終用途産業における産業用ガスの用途拡大により、メーカーは潜在的な機会を作り出しています。家電、半導体、食品・飲料、ヘルスケア、鉱業など、さまざまな最終用途産業における酸素、窒素、二酸化炭素、水素、アルゴンの需要の増加は、産業用ガス市場のメーカーに収益の流れを生み出しています。

メーカーは、コロナパンデミックによる損失から回復するための努力をし、市場における課題を克服するためにさまざまな機会を模索しています。インドや中国などの国々は、工業化と都市化により急速な成長を遂げると予想されています。

アジア太平洋地域の市場参加者にもたらされる有益な機会

アジア太平洋地域は、産業用ガス市場で事業を展開するメーカーに潜在的な成長機会を提供しています。人口の増加、定評ある市場プレイヤーの存在、インド、中国、韓国、シンガポールなどの発展途上国が、この地域における産業用ガスの需要を拡大する要因となっています。また、アジア太平洋地域の産業用ガス市場は、同地域の急速な都市化と産業の発展にも後押しされています。アジア太平洋地域の食品・飲料、製造業、エレクトロニクス、鉱業の拡大により、産業用ガス市場で事業を展開するメーカーにとって有利な機会が存在しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]