電気自動車用モーター(EVM)コントローラー市場、2031年に3兆6,000億米ドル規模超過見込み

市場の概要

電気自動車用モーター(EVM)コントローラー市場は、2020年に8,215億9,000万米ドルの規模に達しました。2021年から2031年にかけて、市場は14.93%のCAGRで成長し、2031年には3兆6,000億米ドル規模を超えると予想されています。

電気自動車用モーターコントローラー市場で事業を展開するメーカーは、世界的な電気自動車需要の高まりにより、今後数年間で成長が見込まれています。市場の主要企業は、収益拡大のために、製品ポートフォリオの増加や改善に注力しています。電気自動車用モーターコントローラー市場の企業は、世界市場で競争上の利益を得るための努力を強めています。また、電気自動車の普及を促進するための政府による投資の増加も、世界市場を強化しています。

自動車の効率性に関する厳しい規制が市場の成長を促進

ハイレベルのコントローラーは、電気自動車の車両効率を向上させるために使用されます。発展途上国では、車両の効率化に関する多くの規制が適用されています。多くの国で自動車の排出量が増加していることが、ハイレベルコントローラーの導入を推進しています。この要因は、電気自動車用モーターコントローラー市場の成長を促進しています。温室効果ガスの排出を削減するための市場プレイヤーによる努力は、市場の拡大を推進しています。自動車メーカーは、世界中の消費者を引き付けるために、低エミッションの電気自動車を生産する技術を採用しています。これらの要因が、電気自動車用モーターコントローラー市場の成長を後押ししています。

V2G蓄電および充電技術の採用が市場成長を後押し

V2G蓄電・充電システムは、ワイヤレス充電システム(WCS)技術から生まれた革新的なシステムです。EVMコントローラーの技術的進歩は、市場参加企業にとって有力な収益源を生み出しています。フルハイブリッド電気自動車の人気が高まっていることが、今後数年間、世界の電気自動車用モーターコントローラー市場を牽引すると予想されます。厳しい燃料規制や税制優遇措置の導入も、EVMコントローラーの市場成長に寄与しています。

アジア太平洋地域の市場プレイヤーに有利な成長機会

アジア太平洋地域は、今後数年間、世界の電気自動車用モーターコントローラー市場の主要なシェアを占めると予想されています。インド、中国、日本における電気自動車の普及と採用の増加が、アジア太平洋地域の電気自動車モーターコントローラー市場を牽引しています。また、日本におけるハイブリッド車の生産台数の増加や販売台数の急増も、市場の成長に寄与しています。さらに、低エミッションの電気自動車の普及と支援に向けた各国政府の投資が増加していることも、各地域の市場成長に拍車をかけると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]