カーエレクトロニクス製品市場、2031年に165億8,100万米ドル規模到達見込み

市場の概要

カーエレクトロニクス製品市場は、2020年には688億3千万米ドルを超える規模となりました。2021年から2031年まで市場はCAGR8.22%で成長し、2031年には165億8,100万米ドル規模に達すると予想されています。

自動車メーカーは、低コストのエネルギー貯蔵技術や高性能の電気製品を開発するために、研究開発に多額の投資を行っています。また、自動車メーカーは、高い安全性を実現するために電子機器への依存度を高めています。カーエレクトロニクス製品は、2020年には自動車の総コストの約35%を占めています。しかし、技術の進歩により、2031年には自動車の総コストの約半分をカーエレクトロニクス製品が占めるようになると予想されています。

市場の成長要因

自動車販売台数の増加と、自動車の低燃費化と安全性の向上を目的とした各国の政府規制・政策の実施の増加が、市場を牽引する主な要因です。運転支援システム技術は、今後数年間で急速に自動車に搭載されると予測されています。これは、世界中で自律走行車の導入が増加しているため、運転支援システムの必要性が高まっていることに起因しています。運転支援システムは、快適な運転のために必要であり、特にレベル5の自動化機能を備えたものが必要とされています。世界中で自律走行車の導入が進んでいることから、カーエレクトロニクス製品の売上は大幅に増加すると予想されます。

また、車両を接続する技術も、カーエレクトロニクス製品の需要を押し上げる要因となるでしょう。これにより、世界各地で電気製品の製造が活発化し、カーエレクトロニクス製品市場が活性化すると予想されます。

2019年には、アジア太平洋地域がカーエレクトロニクス製品市場において最も優位性を示しました。これは、インド、中国、韓国、日本などの国で、自動車の生産量が大幅に増加しており、安価な労働力や原材料が豊富にあるためです。その結果、世界中の複数の大手自動車メーカーがこの地域の国々に製造工場を設立し、消費者にとって自動車がより安価で入手できるようになりました。

COVID-19の市場への影響

COVID-19のパンデミックは、世界中の自動車産業に深刻な影響を与えています。サプライチェーン活動の混乱、大規模生産の中断、旅行の制限、2020年の軽自動車の販売台数の減少などが市場縮小の原因となりました。しかし、パンデミックの世界的な広がりは、ロックダウン期間後に大きな影響を与えると予想され、企業は、収益の減少、労働力の不足、原材料の枯渇などの課題に直面すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]