獣医用遠隔放射線診断市場、2031年までに6億759万米ドル規模超過見込み

コロナウイルスのパンデミック時にFDAが遠隔医療を承認したことが市場の成長を後押し

COVID-19のパンデミックの際には、テレヘルス、遠隔医療、バーチャルケアが頻繁に使われる流行語となりました。FDAがパンデミック時に獣医師が遠隔医療を利用できると発表したことで、獣医用遠隔放射線診断市場のステークホルダーに収益機会がもたらされました。ペットや家畜の飼い主がこれまで以上に動物の健康を気遣うようになったため、FDAは獣医師が遠隔医療を利用する際の制限を一時的に緩和することを決定しました。

遠隔医療を利用することで、ペットや家畜の飼い主は獣医師と電話やビデオチャットで話をすることができ、追加費用もほとんどかかりません。獣医用遠隔放射線診断市場のサービスプロバイダーは、コロナウイルスの発生時に、動物の重篤な症状や一般的な健康症状に対するペットオーナーのパニックを抑制し、最小限に抑えるために重要な役割を果たしました。

診断結果を改善するためのデジタル医療画像トレーニングの重要性が高まる

欧米諸国では、デジタル技術の出現により、医療用画像処理技術の開発と近代化が進んでいます。しかし、新しいデジタル医療用画像処理技術の登場により、獣医向け画像処理トレーニングの必要性が高まっています。

技術の理解に加えて、画像診断を徹底的に理解するための解剖学的知識も必要です。獣医学のカリキュラムは教育内容が過多であるため、トレーニングプログラムに画像診断の要素を加える必要があります。そのため、獣医用遠隔放射線診断市場のサービスプロバイダーは、この問題に対する認識を深め、放射線科医にデジタル医療画像トレーニングを提供するために手を広げています。

AIベースのコンピュータソフトウェアで実現するコスト効率と診断の迅速化

獣医学における人工知能(AI)の普及は、獣医用遠隔放射線診断市場のステークホルダーにとって新たな機会となっています。米国を拠点とする2つの新興企業であるSignalPET社とVetology AI社は、数千人の開業医が彼らのAIベースの獣医用遠隔放射線診断製品を選択していることから、認知度が高まっています。獣医用遠隔放射線診断市場の企業は、AIを使ってX線を読み取り、数分以内に解釈を提供するコンピュータソフトウェアの開発に注力しています。

AIを搭載したコンピュータソフトウェアは、ユーザーや放射線技師がウェブサイトにサインインするだけでソフトウェアにアクセスでき、診療管理システムにリンクさせることもできるため、そのコスト効率の良さが注目されています。また、獣医学の専門家が不足していることから、AIはさらに発展しています。AIは、ペットや家畜の診断を可能にします。

モバイルアプリが獣医テレラジオロジーのサービスプロバイダーに成長の見通しをもたらす

獣医用遠隔放射線診断市場は、2031年までに6億759万米ドルを超えると予想されています。獣医学の分野では、遠隔医療がますます主流になりつつあります。獣医用遠隔放射線診断サービスは、地元の獣医への緊急訪問を必要としない動物の健康に対処するための優れた方法です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]