スマートエクソスケルトン(外骨格)市場、2031年までに35億米ドル規模到達見込み

COVID-19パンデミックの際、企業は必須産業におけるウェアラブル外骨格の利用可能性を高める

COVID-19の発生により、スマートエクソスケルトンの製造が減速する可能性が予想されています。進化したコロナウイルス変異株による新たな感染拡大により、世界経済の停滞が続いています。そのため、スマートエクソスケルトン市場のメーカーは、ヘルスケア、製薬、FMCG、F&Bなどの主要産業が猛烈なスピードで活動していることから、産業用スマートエクソスケルトンの入手可能性を高めるなど、別の収益源を模索しています。

ルイジアナ州立大学(LSU)とラトガース大学は、統合的かつ学際的なアプローチを採用して、産業従事者が過酷で肉体的に厳しい環境下でより長く機能できるようなウェアラブル外骨格を共同で開発しています。スマートエクソスケルトン市場のメーカーは、このような研究者からヒントを得て、現在進行中のパンデミックの中、重要な産業でデバイスの利用可能性を高めています。

材料科学、AI研究がスマートエクソスケルトンの採用促進に貢献

ウェアラブル外骨格は、重度の運動障害を持つ人々の運動機能をサポートするために使用されています。しかし、外骨格市場への導入は、機器の重量に関する要因や、歩行中や障害物に接近したときの着用者の動きを予測できない場合があることなどから、比較的低い水準にとどまっています。そのため、スマートエクソスケルトン市場の企業は、ロボット工学、材料科学、人工知能(AI)などの研究を進めており、移動支援やリハビリテーションツールをより軽量・コンパクトにし、装着者にとって効果的なものにすることを目指しています。

マドリッドにあるHuman Locomotion LaboratoryのBioMotプロジェクトは、パーソナライズされた人体の計算モデルがウェアラブル外骨格の制御に効果的に使用できることを実証し、スマートエクソスケルトンの分野で前進しています。

外部から装着するロボットサポートシステムがSCIやTBI患者のリハビリに役立つ

インドのスマートエクソスケルトン市場のスタートアップ企業は、ウェアラブルな移動支援デバイスへの注力を強めています。GenElek Technologies社(インド)は、脊髄損傷(SCI)や外傷性脳損傷(TBI)などによる手足の衰えによるリハビリをサポートする装置を提供しており、注目を集めています。このような技術革新により、スマートエクソスケルトンの世界市場は、予測期間中に32.7%という爆発的なCAGRを記録し、2031年末までに35億米ドルに達すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]