小型シングル・マルチローター風力発電機市場、2031年までに87億2,000万米ドル規模超過見込み

市場の概要

風力発電産業の大幅な拡大、グリーンエネルギーに対する意識の高まり、再生可能エネルギーのコストの急速な低下などが、2021年~2031年の予測期間中における小型シングル・マルチローター風力発電機市場を押し上げると予想される主な要因となっています。

収益面では、世界の小型シングル・マルチローター風力発電機市場は、2031年までに87億2,000万米ドルを突破し、予測期間中に5.1%のCAGRで拡大すると予測されています。エンドユーザー別に見ると、2020年においては、農場セグメントが非常に有利なセグメントとなっています。通常、農場は、空気の流れが風力エネルギーの生成に理想的であると考えられているため、風力発電機を設置するのに適した場所です。そのため、同市場では、近い将来、農場分野が急速に拡大すると予測されています。出力ベースでは、初期投資コストが低く、高効率であることから、2020年には250kW以下のセグメントが同市場で大きなシェアを占めました。ロータータイプ別では、シングルローターが世界の小型シングル・マルチローター風力発電機市場を席巻しました。

COVID-19による製造制限でOEMメーカーが資金難に

COVID-19の危機は、風力発電機のOEM(相手先商標製品)メーカーにとって短期的なハードルとなることが予想されます。小型シングル・マルチローター風力発電機市場のメーカーは、パンデミック規制により製造活動が影響を受けているため、安定した供給があるにもかかわらず、2021年には市場シェアにマイナスの影響が出ると予測されます。

インド、中国、スペイン、英国、米国では、2018年から2019年にかけて設置台数が大幅に増加しました。小型シングル・マルチローター風力発電機市場のOEMは、経済を維持するために、風力発電所、地域社会、住宅地などの重要なセクターで事業継続性を確保するための取り組みを強化しています。コロナウイルスの発生による厳しい市場環境は、2021年から2022年における風力発電分野への参入に影響を与え、ステークホルダーに財政的困難をもたらすと予想されます。

研究開発により、より優れたタービン技術を開発してコスト削減に貢献

風力発電機は様々な面で進化を遂げ、今日の持続可能なエネルギー分野において重要性を増しており、石炭火力発電のガス排出量の削減にも貢献しています。しかし、風力発電機の欠点として、コストが高いこと、耐久性が低いこと、厳しい気象条件の中で常にメンテナンスが必要なことなどが挙げられます。このため、予測期間中の小型シングル・マルチローター風力発電機市場のCAGRは5.1%と緩やかに推移すると予想されます。そのため、OEMメーカーは研究者と協力して、高効率の発電機や信頼性の高いブレードなど、より優れたタービン技術を開発し、エネルギーコストや製造コストを最小限に抑えることが期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]