射撃場市場、2030年末までに386億米ドル規模超過見込み

コロナウイルスの影響で経済的な訓練が必要になった軍用施設にVRファイヤーレンジを導入

コロナウイルスの規制が緩和され、外出禁止令が解除されたことで、スポーツ施設がビジネスを再開しています。射撃場市場のステークホルダーは、このようなトレンドの恩恵を受けています。一方で、企業は収益源を広げるために軍や特殊部隊をターゲットにしています。例えば、Asterion VR社は、経験豊富な医師や専門エンジニアの協力を得て設計されたバーチャルリアリティシミュレータで注目を集めています。

射撃場市場の参入企業は、スタジオでビデオゲームの専門家と協力して、バーチャルリアリティ(VR)の射撃場を革新しています。これらの技術革新は、軍隊が経済的かつ24時間365日体制で訓練を行えるよう支援しています。VR射撃場は、限られたスペースでの無限の歩行を可能にします。

屋内射撃場と屋外射撃場―どちらが優れているか?

軍や法執行機関は、部門を超えた銃器トレーニングに投資しています。しかし、彼らは屋内と屋外の射撃場の長所と短所を念頭に置く必要があります。屋外の射撃場では、射撃の機動性を高めることができるため、戦術的な自由度、距離、地形に基づいた演習を行うことができます。しかし、土壌工学や土木工事には費用がかかる可能性があります。

屋内の射撃場は、極端な気象条件の下では非常に役に立ちます。しかし、OSHOやEPAに準拠し、HVACシステムを設置するための高価な構造要件により、コストが大幅に増加する可能性があります。そのため、ラスベガスに拠点を置くShooting Range Industries社などの射撃場市場の企業は、軍や法執行機関の特定の要件を満たすカスタムデザインの射撃場を提供しています。

野生動物の保護、生息地の管理と射撃場の関連性

射撃場の市場規模は、2030年末までに386億米ドルを超えると予想されています。ミシガン州では、レクリエーション用の射撃場が保護活動の資金源となっています。Rose Lake Shooting Rangeは、ミシガン州の天然資源信託基金(MNRTF)から資金提供を受け、施設をアップグレードしてハンディキャップのある人でも利用できるようにしました。このように、野生生物の保護や生息地の管理は、射撃場と関連付けられています。

ミシガン州では、銃器の所有者、アーチェリー愛好家、そして銃を持たない人でさえ、野生生物の保護を実現するために射撃場に資金を提供することの重要性を認識しています。このような傾向は、ミシガン州の射撃場市場の企業に利益をもたらしています。鹿やその他の動物は、若い木や野草、下層の植物を大量に食べてしまう傾向があるため、ハンターたちも生態系の維持に意識を向けています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]