船舶修理・保守サービス市場、2030年に141億米ドル規模到達見込み

COVID-19の沈静化に伴い、徐々に国境が開かれ、市場の成長が復活

COVID-19の発生により、船舶修理・保守サービス市場では、各社が遠隔地で事業活動を行っています。Marine Marketing International Ltd.は、パンデミック中の船主がインド洋で鉄製の緊急修理を行うためのヤード探しを支援したことで注目を集めました。ステークホルダーは、中東から中国までのLNG船の修理オプションを見つけるために顧客を支援しています。

また、スリランカをはじめとする東南アジア諸国のように、徐々に国境が開放されつつある国もあります。船舶修理・保守サービス市場の企業は、中国の造船所がフル稼働に戻ったことで、中国に資本投下しています。そのため、多くの国が国境を制限しており、サービスエンジニア、乗組員、スペアパーツの移動に支障をきたしています。

持続可能な管理、メンテナンス戦略が修理サービスを強化

世界の船舶修理・保守サービス市場は、2021年~2031年の評価期間中のCAGRが2%程度と低調に推移すると予想されます。これは、アンダマン・ニコバルなどの地域でドライドッキング施設が不足していることに起因しています。船舶修理施設を増強するために、アンダマン・ニコバル諸島の関係者は、PPP(Public Private Partnership)ベースでPort Blairにフローティング・ドライドックを計画しています。

ガーナのTema Drydock and Shipbuilding Yardでも、船舶のメンテナンスや修理サービスの展開に課題を抱えています。テマ造船所の修理サービス向上のための持続可能な管理・メンテナンス戦略は、ガーナの船舶修理・保守サービス市場のサービスプロバイダーに認められています。

SaaSベースのプラットフォームは、修理作業間の摩擦を最小限に抑えるためのゲームチェンジャー

船舶の修理や保守は、船主にとってコストのかかる複雑なプロセスである可能性があります。そのため、世界の船舶修理・保守サービス市場は、予測期間中のCAGRが伸び悩むと予想されています。このため、船舶修理・保守サービス市場では、SaaS(Software as a Service)モデルの普及が進んでいます。Maindeck社は海事関連の新興企業で、SaaSベースの船舶修理・保守プラットフォームで人気を集めています。このプラットフォームは、作業間の摩擦を最小限に抑え、ヤードで過ごす時間を短縮するのに役立ちます。

SaaSベースのプラットフォームは、船舶の修理・保守サービス業界における不測のコスト削減に貢献しています。企業は研究開発力を高め、プロジェクト仕様のスキャンを展開するSaaSプラットフォームを開発し、造船所やサービスプロバイダーに送信する前にコンテンツの提案を生成するデータサイエンスを実装しています。

エンジニアや複合材の専門家との協働により、コスト効率の高い修理プランの策定が可能に

船舶修理・保守サービス市場は、2030年には141億米ドルに達すると予測されています。革新的な修理技術を提供するCOMPAリペア社は、バラスト配管・タンク、下水、HFOタンクなどの修理に成功しており、高い評価を得ています。水バラストと重油タンクの間の燃料漏れを防ぐために、コスト効率の高い修理ソリューションへの要求が高まっています。船舶修理・保守サービス市場の企業は、エンジニアや複合材の専門家と協力して損傷パラメータを調査し、ソフトウェア技術を用いて修理計画を立案しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]