配電部品市場、2030年に153億米ドル規模到達見込み

コロナウイルスの危機にも経済を回す家庭用連続電源の需要

ここ数カ月、コロナウイルスの大流行により、未曾有の世界的な経済・社会危機が発生しています。その影響は配電部門にも波及しています。商業・工業分野では、ステークホルダーがプロジェクトへの短期・長期の投資を控えているため、機能が分散した状態が続いており、配電部品市場の売上も影響を受けています。

配電部品市場のサプライヤーやメーカーは、個人や企業がそれぞれの家から遠隔で仕事をするようになっていることから、住宅分野のニーズに注目しています。英国のWestern Power Distributionでは、何百万人もの顧客に電力を供給するために、24時間365日体制の取り組みを強化しており、このような動きは、進行中のパンデミックの中でも経済を維持するのに役立っています。

デジタル制御盤のデメリットを相殺する信号損失防止機能

配電部品市場は、2030年には153億米ドルの規模に達すると予測されています。デジタルコントロールパネルは、アナログからデジタルへの変換時の信号損失を防ぐことができるため、注目を集めています。しかし、デジタルコントロールパネルは、操作やトラブルシューティングのためのトレーニングが必要であるという欠点があります。そのため、企業は他の市場リーダーとの競争力を高めるために、販売前および販売後のサービスのポートフォリオを拡大しており、サービス担当者へのトレーニングを支援しています。

信頼性の向上、プログラム可能な機能、信号損失の低減などが、デジタルコントロールパネルのデメリットを補っています。デジタルコントロールパネルは、湿度、圧力、温度など、商業空間や住宅空間におけるその他の変数の管理を容易にします。

発電コストの削減に貢献する自動配電装置

自動配電は、配電部品市場で急成長している現象です。2020年~2030年の予測期間中に市場が6%の良好なCAGRで成長すると予想される理由はここにあります。配電の自動化は、発電コストの上昇、部品のメンテナンスコストの上昇、顧客サービスの低下などの経済的な主要課題の克服に役立ちます。

ほとんどの電力会社は、コストを削減しつつ、顧客によりよいサービスを提供することを目指しています。配電部品市場で活動している企業は、このような要求に対する認識を深め、デジタルコントロールパネルのような自動配電を実現するデバイスの革新を進めています。

スマートな配電により、施設管理者はインテリジェントな電力インフラを構築できる

低電圧配電アプリケーションを予測的に監視するインテリジェント・パワー・イノベーションは、配電部品市場のステークホルダーにとって成長機会につながっています。2020年8月、電力管理会社のイートンは、同社のインテリジェントコンポーネント「Pow-R-Line Xpert」シリーズに、ブレーカーの健全性をリアルタイムで監視するパネルボードと配電盤を発表しました。

インテリジェント配電と組み合わせたソリューションは、ヘルスケア、商業ビル、データセンターなどの専門家や施設管理者に役立つ正確で実用的なデータを提供しています。このような傾向は、世界の配電部品市場の成長に貢献しています。スマート配電は、産業施設が配電インフラのアップグレードについて賢明な判断を下すのに役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]