胎盤幹細胞治療市場、2030年末に44億米ドル規模超過見込み

胎盤幹細胞療法がコロナウイルスの治療に有望な可能性を示す

胎盤間葉系幹細胞療法は、重症のCOVID-19の治療法として期待されています。細胞治療研究所では、ACE-2受容体を欠損した胎盤間葉系幹細胞を用いてCOVID-19患者の治癒に成功したことが評価され、コロナウイルス肺炎の治療に有望な可能性を秘めています。

胎盤幹細胞治療市場のステークホルダーは、今後発生するコロナウイルスのような感染症の影響を最小限に抑えるための研究を継続することが予想されます。中国では、COVID-19の治療に様々な種類の幹細胞を用いて、その有効性を評価するための臨床試験が行われています。

堅牢な分析と独立した測定システムが生産の一貫性を高める

胎盤幹細胞治療市場は、2019年には5億米ドルの規模に達しました。2030年末には44億米ドルを超えると予想されています。しかし、神経疾患、血液悪性腫瘍、先天性免疫不全症など、さまざまな業界の幹細胞を扱う企業にとって、製造は一貫した課題となっています。そのため、企業は結果をモニタリングするために、バッチ間のCの一貫性を習得しています。

胎盤幹細胞治療市場の参入企業は、安定した品質の細胞を生産することに注力しています。網膜固有の幹細胞を用いた治療法を開発しているReNeuron社は、網膜色素変性症(RP)治療のための細胞生産の一貫性を維持するために、科学と芸術の適切なバランスをとる努力をしています。

呼吸器系疾患の治療に役立つMSCベースの治療法

間葉系間質細胞(MSC)を用いた治療法は、肺疾患の新たな治療戦略として注目されています。特発性肺線維症(IPF)、嚢胞性線維症(CF)、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)などの疾患では、間葉系間質細胞を用いた治療法の需要が高まっています。MSCは、免疫調整作用や再生能力を持つ多能性細胞として注目されています。このため、胎盤幹細胞治療市場は、2020年~2030年の評価期間中に20%という驚異的なCAGRで成長すると予測されています。

急性呼吸困難症候群は、間葉系幹細胞を用いた治療の理想的なターゲットとして浮上しています。これは、間葉系幹細胞が速効性のパラクライン効果を介して免疫調整細胞として機能するためです。胎盤幹細胞治療市場では、ARDSに対するMSCの有効性を示す前臨床試験の実施に向けた取り組みが活発化しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]