包装用プライマー市場、2020年から2028年までCAGR4.5%で緩やかに成長見込み

市場の概要

包装用プライマー市場は、世界のさまざまな地域での急速な小売およびEコマースの発展に起因する顕著な消費および生産の成長によって牽引されると予測されています。

包装用プライマー市場は、2020年~2028年の予測期間に4.5%のCAGRで緩やかに成長すると予想されています。包装用プライマーは、フィルムや紙に優れた寸法安定性とハイエンド印刷のための優れた表面性を付与することで、世界レベルでの消費量を増加させています。このため、世界的に包装用プライマーの需要が高まっています。

パッケージングアプリケーションにおけるCOVID-19のドミノ効果を評価するためのウェビナーを開催

包装用プライマー市場の関係者は、コロナウイルスのパンデミックが包装業界に与える影響を常に監視しており、関係者に情報を提供する手段を提供しています。PMMI(Association for Packaging and Processing Technologies)は、ウェビナーを開催し、消費者向けパッケージ商品の企業、業界の専門家、相手先商標製品のメーカーとのコミュニケーションを図り、サプライチェーン全体におけるパッケージへのウイルスの影響について議論しました。

COVID-19のパンデミックは、包装用プライマー市場にドミノ効果をもたらしました。包装機械メーカーへの影響は、充填、組み立て、さらにはプライマーの塗布など、他の包装活動を混乱させます。必要のない製品の包装が時間をずらして続けられているため、ステークホルダーは収益の低下を目の当たりにしています。とはいえ、COVID-19ワクチンは、包装用プライマー市場の成長を復活させるのに役立っています。

リサイクル可能なラミネートプライマーは、従来の材料の欠点を省く

包装業界では、多層膜やプライマーを用いて食品包装システムの性能を向上させる努力が続けられています。しかし、リサイクル業者はこのような材料をリサイクルすることが困難であるため、持続可能な多層膜やプライマーの需要が高まっています。Siegwerk社は、この機会を利用して、コーティングのリサイクルを容易にする独自の脱墨および剥離プライマー技術を開発しています。

包装用プライマー市場の企業は、リサイクル可能な剥離プライマーを開発しています。剥離プライマーは、リサイクルの流れの中で、ホットウォッシュステップの助けを借りて、ラミネート構造を個々のフィルム層に分離することを可能にします。このような理由から、包装用プライマー市場は、2028年末までに現在の市場価値の1.4倍に拡大すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]