新生児スクリーニング市場、2031年に33億米ドル規模到達見込み

コロナウイルス発生時の連絡先情報の活用について

コロナウイルスが流行している現在でも、新生児の健康診断は重要な意味を持っています。これらの検診は、家族が乳幼児を守る方法について十分な情報を得た上で判断するのに役立ちます。そのため、新生児スクリーニング市場の関係者は、スクリーニング結果を受け取った後のフォローアップ検査など、追加で実施すべき予防措置について認識を高めています。

医療は世界的に重要な産業の一つであるため、COVID-19が発生した場合でも、州や地域の新生児スクリーニングプログラムが実施されています。新生児スクリーニング市場の医療機関は、この機会を利用して、血液スポット検査、聴力検査、重症先天性心疾患(CCHD)検査などの包括的なサービスを提供しています。米国の医療機関では、連絡先を増やし、州の公式ページに掲載することで、最新情報を常に入手できるようにしています。

新生児健康状態のデータが不足しているため、臨床家のコストが増加する

新生児スクリーニング市場は、2031年には33億米ドルに達すると予測されています。これは、新生児スクリーニング法で評価可能な疾患の数が増加しており、その結果、医療システムに追加のコストがかかることが明らかになっています。さらに、新しい症状の長期的な影響に関するデータが不足していることや、スクリーニングされた症状のフォローアップ情報が少ないことが、医療従事者の意思決定プロセスを妨げています。したがって、新生児スクリーニング市場では、小児の健康状態の評価手法を標準化する必要があります。

新しい小児の健康状態の費用対効果および費用効用分析における方法論的な長所と短所を明確にする必要があります。

検診プログラムと医療機関の連携で医療成果が向上

新生児スクリーニング市場の参入企業は、新生児や小児の遺伝性疾患に関連する罹患率や死亡率の低減に注力しています。非営利の研究・コンサルティング機関であるAltarum社は、Health Resources and Services Administration(HRSA)からInnovations in Newborn Screening Interoperability Resource Centerのリーダーに選ばれました。このような取り組みにより、新生児スクリーニング市場は、予測期間中に11%の堅調なCAGRで成長すると見込まれています。

新生児や子供の医療結果を改善するために、医療従事者は、州の公衆衛生上の新生児スクリーニングプログラムと医療従事者との接続性を高める努力をしています。これは、情報管理や新生児スクリーニングプログラムの技術支援によって実現されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]